私は、両親に対して、なるべくお金は使ってもらうように伝えてあります。

銀行が薦めてくる投資信託はさすがに反対しましたが、自分の趣味とか、オイシイモノヲ食べるとか、孫にプレゼントを買うとか、夫婦で海外旅行に行くとか、好きなように使ってもらえば最高にうれしいです。

老後の不安で必要以上に貯蓄をしてしまう老人がふえているようで、統計的にも日本人の貯蓄率は高いです。

投資や貯金をすれば、わずかながらお金が増える可能性はありますが、それは未知数です。お金はため込まないで、使うことで生き生きしてくるものだと思います。

子供のために貯蓄をする親も多いようです。

子供が生活に困ったらときのためという理由と、老後は、子供に頼らず、施設に入るためにお金を貯める目的もあるようです。

親が老後に子供の、世話になりたくない気持ちはわからないでもないですが、施設に入るためにお金を溜め込んで今の人生は楽しいでしょうか?

「老後は心配するな!何とかなるから」と伝えてあげて親を安心させてあげるのが子供の、役割なのではないでしょうか。

それでもお金を溜め込む親は、それはそれで構わないのではと思います。

親はどんどんお金を使うべきです。もちろん我々30~40歳世代もお金は使うべきですね。

私は、1リットル1500円近くする醤油を買っています、高いと感じる人が多いかと思いますが、価値のあるもの好きなものに対しては惜しみなくお金を使ったほうが、不思議と後からお金が入ってくるのです。