私の母親が、過去に「てるみくらぶ」を利用したことがあるらしく、利用した当時の感想を聞いてみると、

とにかく安い!そして、ほとんど自由行動とのことで、旅行初心者には不向きというのが当時思ったのだそう。

しかも、申し込みをしてから早々に現金で振込みを要求されることには「不信感」を抱いていたそうで、本当はクレジットカードで後払いしたかったそうなのですが、他者と比べると格段に安いので「まぁいいか」って感じで振込みをしたそうなのです。

結果的に、母親の場合は、てるみくらぶが破綻する前に、旅行は無事に終えたのですが、問題は次の一言でした。

「てるみくらぶの安さに引かれて、いつかヨーロッパ旅行に行こう」と思っていたそうです。

そうなった場合、少なくとも2、30万円の現金振込みを要求されていたはずです。

タイミングが悪ければ、私の母親も破綻騒動に巻き込まれていた可能性は高いのです。

 

旅行会社に騙されないためには?

 

・安すぎる

・現金振込みを要求される

・会社の規模が小さい

この3点には気をつける必要があります。

 

自転車操業状態の代理店の場合、今回のてるみくらぶのようなケースになりかねません。旅行代金は高額になりますから取り返しの付かないことになります。

 

てるみくらぶの社員たちの生活はどうなる?

ニュースを見ていると、てるみくらぶに入社予定の内定者を救うために、他の企業が合同面接を開くなど、頑張ってくれているようです。

内定者も大変かとは思いますが、会社が破綻に追い込まれた残された社員さん達の生活はどうなるのでしょうか?

 

会社都合の退職の場合は失業保険がもらえる

通常、会社がいやになって辞めるとかだと自己都合退社と言って、やめてから3ヶ月以上経過しないと失業保険はもらえませんが、会社が倒産したとかの場合は、会社都合と言って、1ヶ月程度で失業保険の給付が開始されます。

ですので、てるみくらぶの社員さん達は、恐らく会社都合での退職ということになりますので、収入がいきない0になってしまうという最悪の事態は避けられることでしょう。

 

妻の一言で、ドキっとした

決まっていた入社が突然キャンセルに!そんな内定者が救われることは、すばらしいことですが、今回、私の妻が「社員さん達は救われないの?」と素朴な疑問を投げかけてきたので、そういえばそうだなぁと思って、私の考えをブログ記事にしてみました。

もしも、てるみくらぶが、資金繰りが厳しいとなると、社会保険に加入しておらず、社員さんたちは雇用保険にも加入できていなかった場合は、当然失業保険は下りませんので、生活が苦しくなる可能性はあります。

てるみくらぶについて、詳しく調べていないので、いい加減なことは言えませんが、「おそらく働いていた社員さんには罪はないと思います。」なぜかと言いますと、突然破綻するような会社は、事前に社員たちには知らされていないケースが多いからです。

リストラや突然の破綻、内定取り消しは、決して他人事ではありませんよね。私は大丈夫ですが、会社に100%依存することは危険であることが露呈したニュースだったと思います。