私が保有しているアフィリエイトサイトのSearch Console(サーチコンソール、旧ウェブマスターツールのこと)を見ていたら、レスポンスコード404エラーが19個も表示されてることに気が付きました。

↓このキャプチャー画像の赤枠を見ると、「ページが見つかりません」というエラーを意味していることが何となく分かります。

404エラー

※ 404エラーは、存在しないページがリクエストされ、サーバーから「そんなページはありません」とエラーが返されるときに表示されるコードです。

私は404エラーになったページをアップしていませんので、おそらく、取得したドメインの前の所有者が、サーバーから削除させたページがエラーとなっているようです。

同じように、404エラーが表示されて、URLが見つからない!なんて言われると不安になってしまう人は多いことでしょう。

結論から言えば、本当に存在しないページならば、放置でOKで良いことが分かりました。

放置しても、サイトの質や、検索順位に影響はないようです。

 

さらに、

404エラーが見つかったURLをクリックしてみると、エラーの詳細を見ることができました。

左下に「修正済みとするボタン」があるのですが、別に修正しようがないし・・・

修正したほうが良いのか?放置で良いのか?不安でしたが、

調べたところ、放置で全く問題ないことが分かりました。

404エラー

 

404エラーを放置してはいけない例はある?

404エラーは、存在しないページのエラーですので、

本当に存在するページが404エラーになるのは問題があります。

・サーバーにアップしたURLが間違っているケースが多いので見直す必要があります