私が暗号通貨の世界に飛び込んで、最初の頃に知ったのが、zaifという取引所でした。そのzaifでで扱っている通貨(トークン)の1つにZAIFトークンってのが、当時0.2円程度だったんですね。

私は、株式投資がメインでしたから、zaifトークンは未上場の株式のようなものだというネット上の書き込みを見て興味を持ってしまったのを覚えています。

2017年7月12日現在では、0.16円台まで落ちているのですが、ZAIFトークンが今後、新たな利用価値がない限りより0円に近づいていくのではないかと予想が出来ます。

 

0.1円ならまだしも、0.01円にでもなろうものならば、終わりではないかと。

仮に0.16円で100万円分のZAIFトークンを購入したとしても、0.01円にまで落ちれば約6万円の価値しかなくなります。

借金までして無限ナンピンなんかしていたら、破産するでしょうね。

 

zaifトークンは8999999999(約90億)で固定?

zaifトークンがいつのまにか無限に発行されることで、どんどん価値がなくなるという心配をしている人もいるかと思いますが、もしも追加発行されれば記録に残るわけですので発行元はウソはつけません。追加発行がされると困る人はzaifトークンを持たないほうが良いかと思います。

 

 

zaifトークンを購入するならば

可能性は低いが大化けを期待して、少しだけ購入しておくのが一番良いかと思います。

みんなに笑われても、バカだと言われても、それでも買いたい人は買えばいい。

世の中何が起るか分かりませんからね。後悔するのが一番バカバカしい。

 

結局、zaifトークンが0.01円になったとしても、気にすることはない。どうせ小額なのだから良い勉強だと思えばいい。

 

私としては、無価値のゴミトークンと言われいるものが、みんなの期待を裏切って大化けしてくれたら面白いと思っています。

そうなったときは、zaifトークンに対して先見の目がある人か、適当に購入した大バカ者が、そこそこの財産を築くことができるでしょう。

当時、無価値のゴミトークンとバカにしていた人が泣くことになるのです。

 

> zaifトークンは、その後2017年8月27日の朝方に2.4円台を付けて、0.1円台ホルダーは資産20倍超えを達成しました。