9月15日に0.30円台を付けていたzaifトークンが、5日後の9月20日には1.10円を付けて短期で約3倍に上昇しました。

すばらしい上昇力ですね。

0.30円で買っても勝てるんだという実感を持てた人が増えたのではないかと思います。

 

zaifトークンに対する悲観論が増えていますが

zaifトークンが下落することに喜ぶ人たちがいます。予想して楽しんでいる人たちですね。テックビューロはダメだ、トークンなんてだめだ、電子ゴミだの、いろいろケチ付けているようですが、

 

「だから?」って感じですよね。

 

誰もがケチを付けない物には価値がついてしまっているのですでに値上がりしている場合が多いです。値上がりすぎると万が一下落したときのリスクが大きすぎます。

ですから、ゴミ同然でも良いから将来性に期待して今のうちの所有しておくというのがリスクの小さな投資であることを理解できない人は文句だけ言っていればいいと思います。

 

街なかにでて街頭インタビューでもして、「zaifトークンってご存知ですか?」って聞いてみて下さい。

おそらく、ほとんど誰も知らないと思いますよ。

今は、そんなレベルです。下手すればビットコインですら知らない人なんてザラにいます。

お金持っているけど、暗号通貨を知らないって人はまだまだいると思うので、これからが本当に楽しみです。

 

暗号通貨の先輩たちは、税金でヒーヒー言ってますけど、そんなレベルじゃないと思います。税金払っても、どんどん利益が増えていく、そんな状況が今後も続いていくかと。

ですから、「やっぱり暗号通貨は危険」だと思いこんで、諦めた人が負け。

一時的には勝ち逃げできて大成功の投資に思われるかもしれませんが、数年後には後悔することでしょう。

「勝ち逃げじゃじゃなかった・・機会損失だった」

 

ショックは大きいですよ。

数年待てば1億円プレイヤーになれていたのに、100万円の利益で勝ち逃げだとか言って喜んでいる場合ではないのです。