Zaifトークンに対する批判的な意見が増えてきましたね。

これを期待の裏返しとして捉えるのか?もしくは本当に電子ゴミ化してしまうのか?判断が難しいところです。

たしかに、直近では2円台で購入している人もいますし、1円以上の購入者の人も多数いらっしゃるかと思います。そんな人達にとっては、現在のレートが0.68円(2017年10月4日現在)へと2分の1、3分の1になっているわけですから文句の一つも言いたくなるのはわかります。

また、レートの問題だけでなく、テックビューロが価格操作をしているだとか、サーバーを意図的に止めているだとかそういった本当かどうか分からない噂も広がっています。

もしも、Zaifトークンが3円とか5円になっていれば、大半の人は文句など言わないはずです。

含み損中の人や、泣く泣く損切りしてしまった人ほど恨みつらみが残っているのかと思います。

 

ツイッター上やブログ上でZaifトークンを保有していることを公開している人は多数いらっしゃいます。ただ、今現在も保有しているかどうかは謎です。ネット上で有名な人も、もしかしたらすでに売り抜けているかもしれません。

まぁ、有名無名にかかわらず、人間というものは長期保有できない性質を持つ動物なので、いずれ保有していることの証拠が出せなかったり、言動が変わってきますので分かります。

ですから、「誰かが昔に保有していたから私も購入しよう」という考えが危険だということを、再度認識しておいたほうが良いと思います。

私も今日から初めて暗号通貨投資を始めるとしたら、Zaifトークンは手を出しづらいです。(ですがレートが下がれば買うでしょう)

 

運良く、0.1円という比較的リスクが小さな金額で購入できていますが、高値ホルダーやこれからZaifトークンを購入するなら2,3年の長期保有を目的とすれば、外野の情報に流されないで済みます。

 

私は、マイルールがあるため現在のレート(0.68円)では買い増しを控えています。ただ、本当は買いたいです。ルールはルールなので仕方なくZaifトークンの今後を見守っています。

 

あまりストレスを抱えると、体調を崩しますのでお気をつけください。