zaifトークンが8月以来の1.70円台に到達し、相場に達成感が出ています。日足チャートを見ますと3つの山が見えます。

 

今後は、強烈な上髭が出てくるか?に注目していきたいと思います。

振り返りますと、0.1が大底と言われていたのが、しだいに0.5円が大底だという認識が広がってきたzaifトークンですが、もしもこの勢いが継続するならば、大底が1.0円と判断する人が増え、再び投資対象とする人たちが増えてくるのではないでしょうか。

 

もしくは、0.5円から2円くらいのレンジ相場だと判断をして、高く売って安く買う戦略をしてくる人たちも出てくるかもですね。

 

私は0.1円台ホルダーですのでテンバガー達成していますが、含み益状態です。

 

含み益は確定利益ではないので、喜ぶことはできません。きちんと決済することが投資では良いこととされていますが、それはFXや株などの話で、これからもグングン伸びる仮想通貨相場に関しては慌てて決済する必要もないかと思っています。

 

 

CMS:XEM

 

コムサは400円前半でヘタってきましたね。ヨコヨコ状態で停滞が続くと、売りたい人が増えてきますので、自然な流れの下落でしょう。2017年12月15日(金)朝8時現在では350円割れしています。

それでも100円台で買えた人は3倍ですからね。

半分売ってしまう人もいるでしょう。

200円台になれば反発しますよ

XEM

長いレンジ相場(10円から40円)を上抜けすることが出来て、買い圧力が強くなっています。リーマンショック級の大暴落がない限り、もう10円台では買えないのではないでしょうか?

2018年になれば、今年よりも参加者が増えます。10円台では買えないことが分かると、40円台にでもなればお得に感じて買われていくでしょう。買いたい人が多いので、きれいに押し目形成されるでしょうか。

XEMに関しては、積立てを継続していきます。40円台はスポット買いを検討しています。

100円は通過点でしょう。

 

カイカコイン

何と言っても、カイカコインですね。

地味に10倍銘柄となりました。

 

> カイカコイン(CICC)も急騰しました。zaif取引所で扱っている通貨たちが大盛況

 

今後もzaif銘柄に期待ですね。