2018年も、「コップからこぼれた水」で投資を行っていきます。

コップに入っている水とは、「資産」のことです。そして、こぼれた水とは、余裕資産(資金)です。

ビットコイン投資の醍醐味は現物取引でも十分利益が出せることにあります。サラ金から借金をしたり、信用取引で自己資金を上回るポジションを持って「ひやひや」しながら投資をする必要はありません。

 

ビットコインは性能云々よりも、ビットコインそのものが投資対象となりえます。つまり、出来高があって値動きがある限り、投資対象になり続けるということです。送金が遅いとか、そういった性能のデメリットは二の次です。

 

借金してまでもビットコインを買い出す人が増加する?

 

FXや株式投資のように仮想通貨投資でも自己資金以上の投資を行うことができます。上昇相場が続けば爆発的な利益を得ることができますが、

 

たとえば、ビットコインが200万円台だったころに、信用取引で1億円分の取引をした人は、今5000万円ですよ。一瞬で利益どころか借金を背負ってしまう可能性がある投資は避けるべきですね。

 

ただ、いつまでも貧乏ではいたくない人、ラットレースから抜け出したい人は、長い人生の中で何回かは大きなリスクを取らないといけないでしょう・・・。

ただ、どうせリスクを取るならば早めに始めることがオススメでした・・・。

ビットコインが10万円台、zaifトークンなんて0.1円台だったんです。その頃に始められた人は借金をしてでも投資をしていたほうが正解だったのですね。

2018年は、まだまだ仮想通貨相場は上昇を続けます。だからと言って借金してまでも投資をしてしまうと、痛い目にあいます。

 

ビットコインの信用取引額は今後も上昇を続けると思います、それだけ借金をしてまでも値上がりに期待しているということです(もちろん売り派の人もいますが・・)そんな人達が増えるほど、大きな暴落がやってきます。巻き込まれたら大変です。

 

頭の良い人は、ビットコインに対して疑いの目を持っています。

 

そんな人達でも過去にビットコインを保有していました。利益確定して手放すと、途端にビットコインをバカにする傾向があります。そんな人達の意見は参考程度にしておいて、ビットコインが1000万円に行くと思ったら100万円分だけでもいいから買っておくのが良いでしょう。

私は怖がりなのでzaifの積立でビットコインを買っています。

 

怖がりで、なかなかポジションを持つ勇気がない人は、ドルコスト平均法を自動で行ってくれる積立が良いでしょう。

 

まだまだ、仮想通貨を知らない人、知っているけどまだ始めていない人たちが、2018年に入り続々と参加をしてきます。その理由は、TVでしょう。TVで仮想通貨のニュースが頻繁に流れるようになります。

そして仮想通貨関連ビジネスも動き始めます。引くに引けないのが2018年仮想通貨相場なのです。