コインチェックなどの仮想通貨取引所から頂いたアフィリエイト報酬の税金はどうなるのか?

 

仮にコインチェックから10万円分の仮想通貨でアフィリエイト報酬を受け取ったとします。

日本円ではなくて、10万円相当の仮想通貨で受け取ることになるので、受け取ったその瞬間から相場が日々変動します。

受け取った仮想通貨がすぐに暴落してしまえば、10万円相当⇒5万円相当になってしまう場合もあります。

 

いったい、いつの時点の相場で税金を計算すれば良いのでしょうか?

 

アフィリエイト報酬を仮想通貨で受け取った時点の時価になります。

 

コインチェック側で勝手に計算して仮想通貨を配布してくれるので自分で計算する必要はないです。

コインチェックにログインすれば、確定したアフィリエイト報酬の日本円相当額の仮想通貨の履歴が見れるはずですので確認してみましょう。

 

 

↓ 97.044XRP(リップル)、つまり日本円で1万円の利益を受け取ったことになる。

 

 

受け取ったあとの相場がどうなろうと、日本円で10万円が課税対象になります。

 

 

出金が出来なかったらどうする?

 

受け取った仮想通貨が出金できなくて、コインチェックの口座にそのまま保有を続けていても課税対象です。

 

コインチェックは2018年2月23日現在、受け取った仮想通貨を出金することが出来ません。今年の1月と2月に受け取ったアフィリエイト報酬が、もしもこのまま来年2019年2月から始まる確定申告までに出金が出来ないとなると、税金の支払いが出来ない人が出てきます。(さすがに2017年中に出金できると思いますが)

 

とりあえず、お金を工面して税金は払わないといけません。税金を払うためにサラ金から借金して無駄な利息を払ってしまった人は、コインチェックに対して訴える人も出てきそうですが、税務署はそんなあなたの事情など考慮してくれませんから、お願いしても、事務的に税金を払えと言ってくるだけです。

コインチェックから出金できないからといって課税から逃れられるわけではないのです。

 

こういった税金に関するトラブルに巻き込まれしまった人は、これを良い機会としてお金の勉強をしてみるのも良いと思います。サラリーマンとして毎月会社が税金を天引きしてもらっているだけだと、確定申告とか理解が難しいと思います。ピンチをチャンスに変えられる人が今後も成功していくのだろうと思います。