私が、妻に母乳育児を続けて欲しい理由はいくつかあります。

母乳には免疫があるとか、粉ミルク代がかからなくても経済的とか・・・そういったありきたりな話ではありません。

母乳育児は当たり前!

まず、大前提として、「母乳育児」は当たり前だと私は考えています。最近は、出産後すぐに働きたい人が多いからか、母乳よりも粉ミルクを気軽に与えてしまうママさんが多いようです。
母乳が出ないで困っているならば話しは別ですが、せっかく出るのならば母乳は飲ませてあげるべきです。1年で母乳をやめるとか・・・ではなくて、赤ちゃんが欲しがるまであげ続ければよいのです。母乳育児は面倒だとか、親の勝手な都合で母乳をやめてはいけないと考えています。

ちなみにうちの赤ちゃんは生後3ヶ月くらいまで母乳は出るけど「なかなか吸ってくれず」、搾乳という方法をとりました。妻は本当に頑張りました。その努力を見ていたので、粉ミルクの併用も認めざるを得ませんでした。

bonyuu

赤ちゃんが上手におっぱいを吸えるようになった日は感動しました!粉ミルクとの併用が終了できた日は本当うれしかったです。健康意識が高い系パパである私は、そういった小さなことで感動します!

母乳は、最高の食べ物!

母乳には、赤ちゃんが健康的に成長するために理想的な栄養素が十分に含まれています。しかも赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃんに必要な成分に自動的に変わっていくというのですからすばらしいですよね。まさに赤ちゃんにとって最高の食べ物なんです。

粉ミルクの弊害

おそらく粉ミルクのデメリットは病院ではあまり教えてくれません。だから自分で勉強する必要があります。周りの子が飲んでいるから我が子でも安全などとのん気なことを言っている場合ではないですね。調べれば分かることですので・・。そもそもですが、牛の乳で人間の赤ちゃんが健康的に育つわけがないと私は考えています。粉ミルクの弊害については1冊の本がかけてしまうくらいですので割愛しておきますが、生後6ヶ月の間に、牛のミルクや重湯などの穀物を与えると、アレルギーや病気になりやすいことだけは覚えておきましょう。

赤ちゃんと妻のために!

母乳が最高の食べ物であることに間違いはないので、赤ちゃんには少しでも長く母乳を飲んで欲しいと思います。また、母乳育児を続けることは妻の健康維持にもつながっていきます。

・乳がんの予防
・慢性関節リウマチの予防
・子宮の安定的に回復
・次の妊娠まで理想的な期間を作ってくれる

など、母乳育児には妻にとってのメリットがたくさんあります。

とくに、女性に多い乳がんという病気は、パパである私が意識してあげれば防げるものだと思っています。

赤ちゃんと信頼関係を!

母乳を与えると、赤ちゃんは安心するようです。母乳には精神安定剤っぽい成分が入っているようで、赤ちゃんは母乳を飲むことで、母の温もりや、安心感を得られるようです。ちなみに、最近はスマホをやりながら母乳を与えているママさん達が多いそうです。その場合は、母乳から出る良い成分が激減してしまうそうなので、非常にもったいないです。ちなみに、うちの妻は母乳中にスマホをいじっていることが多いです。以前は厳しく注意をしていましたが、最近は見てみぬふりをしています。どうしてかと言いますと母乳中以外でもスマホをいじっていることが多いからです(笑)。

母乳育児は赤ちゃんだけでなく妻の健康維持にもつながるわけですから、ぜひとも長く母乳を与え続けて欲しいと考えています。

では、何歳まで母乳を続ければ良いのか?

コチラの記事もお読み下さい。

> 母乳育児は何歳までが良いのか?