20年間コツコツ貯金を続けて1000万円達成!したとします。

さて、貯めた1000万円の使い道はどうするのでしょうか?

 

おそらく、美味しいものも我慢して、欲しいものも我慢し、必死になって貯めたお金なのでしょう。きっと使うのがもったいなくて、ずっと貯金したままにしてしまうのが多いのではないのでしょうか?

 

人間って、1度手にしたものは失いたくないという感情が芽生えるそうですよ。

だから、せっかく貯めたのだから失いたくないのですね。

 

使わないのだったら寄付でもしてしまえば良いと思うのですが、

将来が不安だとお金って使いたくないものなのですよね。

 

1000万円だけでは、他に働らいて収入を得ないと一生は暮らしてはいけませんから、将来的に安定を求めるならば1000万円どころか1億円あっても足りないかもしれません。

 

貯金することが老後の不安解消のためだけならば、1000万円じゃ不足なのです。

 

すると、一生貯金を続けることになって、何のための人生なのか分からなくなります。

 

楽しいですかね???

 

あくまでも私の意見ですけれど、そんなに将来が不安ならば若いうちにこそ、投資をしてお金を増やすべきですね。1億でも2億でも、多くても困らないと思います。

 

1000万円貯めたとしても、それはスタート地点であって、その1000万円を使ってさらにお金を増やすことをしないと老後の不安は消えないと思います。

 

1000万円あれば、そのうちの100万円を仮想通貨や株式投資に使ってみることはとても有効的です。

資金100万円しかない人が、なけなしの金で仮想通貨投資をするとはわけが違うのです。

 

投資は資金力がある人ほど有利なのは間違いありません、せっかく1000万円貯めたのならば、投資しましょう。

 

1000万円あった場合の投資戦略

 

3分の1の300万円で投資を行います。

この300万円をさらに3分割して、それぞれリスクを分配します。

 

100万円 長期投資用 滅多に売らない
100万円 短期投資用 頻繁に売る
100万円 緊急時用 大暴落時の買い付け用

 

私ならこのようにしますね。

 

もしんも2017年に戻れるならば、

例えばzaifトークンは長期投資と短期投資用に分けて購入します。

小まめに売り買いすると税金がかかって苦労の割には儲からないという結果になりますが、仮に5倍とか10倍になったら少しは売っても良いかと思います。

もしも売った後に暴落したら買い戻します。上昇していってしまったとしても長期投資用のポジションがあるの悔しくもなくなるでしょう。

 

緊急時用の100万円は、ここが底だろう!!と思ったが下抜けしまった・・・、次こそは大底だろ!あれれさらに下がった、ちきしょー今度こそ大底だ!!ふざけんな更に下がってやがる!もう駄目だな!って思った頃に買い付けるための資金です。※ここで買うのは勇気が要りますが、失っても100万円です。

 

貯金が1000万円だったのが仮に300万円すべてを失ったとしても、残り700万円になります。

700万から再チャレンジする場合は、以前よりかはギャンブルをしなくなりますし、必死に勉強していることでしょう。

くれぐれも1000万円を一気に投入するなんてことはしないほうが身のためです。一気に投入して大勝ちするには運も必要ですからね。

 

では、