日々ブログを書いていると記事がどんどんたまっていきます、後で読み返した時に、理論破綻している記事を発見する事があります、意味不明な文章になっていたり、恥ずかしい気持ちになったり、

私的には、過去のブログ記事を読み返す事はあまり好きではありません。

ただ、誤字脱字が多すぎると読者さんにとって読みづらくよろしくないので定期的に見直しはしています。

 

過去のブログ記事を気にしすぎると、記事が書けなくなることがある?

前に言っていたことと違うことを記事にするとき、矛盾が生じてしまう事が気になって、筆が止まってしまうことかあります。

例えば、昨日までは阪神ファンだったのに、いきなり巨人ファンになりましたと宣言したら、「はっ?」って思われそうですよね。

昨日まで砂糖は控えましょうと言っていたのに今日になったら、やっぱり砂糖は最高!なんて言ったら、信頼がなくなりそうな気もします。

 

ブログの更新を続けていけば、話がコロコロ変わったり、矛盾が発生するのは仕方のないことなのに、しかも、自分のブログなのに書けなくなってしまいます。

書きたいのにやめてしまうのは、本当にもったいないです。

うそはいけませんが、本当に思ったこと、感じたことならば、それでも、書かないよりはマシだと思います。少しくらい矛盾があっても、自分のそのときそのときの感情によっても考え方が変わってしまうことなんて普通にありますよね。

しっかりとした情報を提供しないといけないサイトの場合は、矛盾はいけませんが、個人ブログの場合は、

「書いてしまえ!」

くらいの気持ちで良いのです。