私がアフィリエイトを始めたばかりのころは、右も左も分からなかったので、インターネットで稼いでいる人のブログを読んだりしては、真似をしていました。

中には、有料ならば教えますという、世間一般的には、怪しい系の情報商材を購入したりもしました。

決して安くはない情報でしたが経費になりますし、独学だと時間が掛かりすぎるので、まぁいっかとお金を使っていました。

 

アフィリエイトで実際に稼いでいる人との接触は、お金を払ったセミナーや塾で出会った人しかなく、同級生とか、昔からの友達の中にはアフィリエイトをやっている人は今もいません。

 

短いアフィリエイトをやっている知り合いがいないかとで、まだまだこの業界は飽和していないのだなぁと実感できます。

 

アフィリエイトの手法は、成功者の真似をするばある程度は稼げます。

ただ、真似ができる手法は、他の誰かも真似ができるものです。

ですから、いづれライバルが増えてきて、稼げなくなってしまうねです。

 

そう考えますと、

本当に稼いでいる人って誰にも言わないだと思います。特許を取ったみたいな感じで独占してしまうのですね。

少しせこい気もしますが、大きな企業なんかも秘密はあります。ライバルに負けないように情報を、漏らさないように管理をしてあます。

アフィリエイト運営者も、情報を漏らす人は、裏を返せば、稼げない情報の可能性も高いわけです。

 

いくら真似することが成功への近道だとしてもまちがった情報を信じてしまったらお金も時間も失ってしまいますよね。

 

私の経験的には、アフィリエイト運営者作業を続けてきて、ある偶然ひらめいた手法が稼ぎ続けてくれるなど、ひらめきを素直に実行する事の重要さを実感しています。

 

他人の真似も大切ですが、最終的には自分でひらめいたアフィリエイト手法で稼げるようになれば独占的に稼げるので、常日頃から、ひらめきやすい環境を作っておくとよいでしょう。

 

私の場合は、ノートを持ち歩、気がついたかことをメモしています。

メモがたまったくると定期的に見直した、そこからヒントが生まれることもあります。

ひらめいたのに、メモをしないと次の日には忘れてしまうものです。どんどんメモしていきましょう。