仮想通貨取引所に第三者に勝手にログインされて不正に出金されるケースが増えているそうです。

ログインされてしまうと、いとも簡単に不正出金されてしまいますので泣き寝入りしないためにも早めの対策が必要です。

 

 

 

取引所のセキュリティーをアップさせるために、必ずやるべきこと。

 

パスワードは取引所ごとに別のものを使用すること。

英数字、記号、大文字をすべて使うこと。

少なくとも20文字以上であること。

二段階認証を必ず設定すること。

取引所のアカウントに利用したgmailアカウントと同じパスワードにしない

 

 

パスワードの複雑化と二段階認証の設定は必ず行うべし

 

パスワードを複雑化することで、最初の関門を突破される確率は減ります。8桁のパスワードと30桁のパスワードでは解読される手間が全く違うので当然ですね。万が一パスワードがバレた場合には、他の取引所も連鎖的に解読されることが想定されます。そのために取引所ごとにパスワードを変えることも重要になってきます。

さらに、パスワードを解読された場合を想定して二段階認証の設定も行っていれば、本人しかもっていないスマホがないとログインが出来なくなりますので安心です。

ただ、それでも悪質なユーザーにログインされてしまうことがあるとかないとか・・・・。とりあえず最低限やれることはやっておいたほうが良いと思います。盗まれてからでは遅いですから。

 

 

私が実際にお金を預けている取引所のセキュリティー対策を行いました。

 

> ZAIF 二段階認証とパスワード変更の仕方

> COINCHECK 二段階認証とパスワード変更の仕方

> BITTREX 二段階認証とパスワード変更の仕方

> liqui 二段階認証とパスワード変更の仕方

 

※アカウント取得(口座開設後)、すぐに行うことをオススメします。

 

 

↓ コインチェックの口座開設がまだの人は、コチラより登録できます。
※国外取引所でコインを買う場合には、国内取引所の口座を開設しビットコインを購入する必要があります。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin