日本円を現金で持つことのリスクも確かにありますが、何も日本円を1円も持ってはいけないということではありません。

ホリエモンも言っていますが、仮想通貨の現状は、まだまだ投機であって、普及するには先だと述べています。しかも、日本の場合は「やっぱり円が便利」だということも同時に述べています。

そのとおりだと思います。

お年玉や、ホテルでのチップ、うっかりお茶をこぼしてしまった場合のクリーニング代、病院への御見舞など、現金が必要とされる場面は今後も残ります。

 

たとえば喫茶店で店員さんにコーヒーをこぼされて、

すいません、「クリーニング代としてビットコイン送りますのでアドレス教えてください」と言われて、対応出来る人ってほとんどいないですよね?

現金でそのまま1000円もらったほうが怒りがおさまるものです。

 

株や不動産、金地金など、現金以外で保有することが将来のインフレリスクを減らす効果があることは確かなのですが、それでも日本円を信頼して保有を続ける人は少なくありません。

仮想通貨に関しては、まだまだごく一部の日本人がお金を投じている段階です。

 

今後、5年、10年後まで時がすぎれば、今よりかは認知度も上がり、今の10代の子供たちがどんどん仮想通貨を活用してくれることでしょう

我々が恩恵を受けるためには、今のうちにビットコインなどを購入しておくこと。それしかないですね。

短期的の相場の変動は無視。気にする人は投資に向いていません。