日経平均が続落しています。

と、言いましても23000円を意識されての調整下落だと思いますので、悲観的になる必要はないかと思います。

 

 

一部の銘柄を除いて、ポートフォリオが真っ赤化の人が多いのではないでしょうか?

株式投資の場合、下がるときは全部下る・・・

このときに信用取引を全力でやっている人は追証に引っかって市場から退場してしまいます。

 

信用取引の怖さは下落が続くときに襲ってきます。

 

みんなが「ヒヤヒヤ」しているときに、空売りを仕掛けて大儲けしている人たちもいます。

そんな人達も、いずれ買い戻しますので株価は上昇に転じます。

 

いつまでも勝ち組の養分になるのって悔しくないですか?

 

もし本気でそう思うのならば、資金管理や投資手法を見直すべきです。

 

せっかく安くなってお買い得になったを「売ってしまう」なんてもったいないです。