株式相場の下落が止まりません。
そろそろ、多くの個人投資家が追証に悩まされる時期が到来しました。

 

追証通知が届いたらどうすれば良い?

まずは慌てずに届いたメールを確認しましょう。
スマホアプリを利用している人はログインするときの最初の画面に追証の案内が表示されます。

 

追証を解消する方法は2パターンがあります。

  1. 現金を振り込んで解消する
  2. 持ち株を売却して解消する

 

現金で解消させる場合は、追加保証金をすべて解消するための必要額を、「解消期限」までに、SBI証券口座に必ず入金します。※ハイブリッド口座から自動的に振込みはされないので注意です!

 

もう1つの方法は、持ち株を売却して現金化することでも追証を解消することができます。※信用建玉の反対売買による決済を行った際は、建玉代金の20%相当額を追加保証金額から控除できます。

 

信用取引における追証発生後の流れ

【例】

10月1日(金)の夕方に追証が発生、確定した。

10月4日(月)翌営業日の月曜日中に現金振込か持ち株売却で追証を解消させる

10月6日(水)3営業日の水曜日までに追証が解消されないとアウト

10月7日(木)4営業日の木曜日に持ち株が強制決済される。

※営業日でカウントするので土日は含まない

 

解消期限までに追証が解消されないとどうなるのか?

 

追証が発生すると「新規注文」ができなくなります。つまり新たに株を購入することができなくなります。できるのは決済注文だけです。

さらに、追証発生日から3営業日までに解消されなかった場合、4営業日目に「SBI証券側の裁量」で持ち株が強制決済されます。

強制決済されると追証が解消されますが、その後も株価が下落したら、再度追証が発生します。

 

追証祭り後の株価上昇に期待

 

株式投資の世界では、人の行く道とは逆を行かないと稼げません。個人投資家の追証祭りが終わったら、底練りしたのち株価上昇に期待が持てます。

多くの日本人は安値で売らされて、外国人投資家に買われてしまいます。追証祭りこそ最大のチャンス!私もコツコツ買っていきますよ。