すべては、2017年5月29日に、仮想通貨にチャレンジすることを、ブログで公開することから始まりました。

 

当時の私は、「宝くじで1億円当てるよりかは、仮想通貨で稼ぐ確率のほうが高い」と述べています。

もしも、仮想通貨で稼げないとすれば、それは1億円稼ぐ前に売ってしまった場合だとも言っています。

当時から、基本は「ガチホールド」を前提としていたようですね(笑)

 

以下の記事は、私の仮想通貨に対する所信表明演説みたいなものです。

> 2017年、仮想通貨投資にチャレンジしようと思います。

※私は、この記事を大切にしています。

 

 

今のところ、私が購入を検討しているのは、ビットコイン、NEM が候補にしています。

モナコインは昔の円天のような臭いがするので、やめておきます。

 

2017年5月の時点ではまだ仮想通貨を購入していません。モナコインに対しては、「円天みたい」と皮肉っていますね・・・。ビットコインとXEMはこのあと買っています。

 

儲かる予感がしたので法人で取引することを決意

 

この決断は良かったと思いました。

zaif、bitflyer、coincheck、bitpointなど当時主流だった4つの仮想通貨取引所で法人口座を開設しました。

 

 

6月6日 人生初の仮想通貨を購入!!

 

購入した通貨は、ビットコイン、XEM、zaifトークン(笑)でした。あの価値がないトークンと言われ続けているやつです。

 

当時のレートは?

 

ビットコインは30万円

 

XEMは25円

 

Zaifトークンは0.25円

 

 

6月20日 人生初のICOにチャレンジ

> 暗号通貨「STATUS」(ステータス)ICOに人生初チャレンジしました。結果は失敗

 

ツイッターで誰かが騒いでいたので、試しに参加してみようと思った。しかし、初めてのICOにチャレンジしたものの、購入できず失敗。その後、他のICOにも参加することはなかった。

結果としては、ICOに参加するためにイーサリアムを4万円台で購入し、今では2倍になっているので結果オーライと言えそう。

 

7月12日 Zaifトークンへの思い

 

結局、zaifトークンが0.01円になったとしても、気にすることはない。どうせ小額なのだから良い勉強だと思えばいい。

私としては、無価値のゴミトークンと言われいるものが、みんなの期待を裏切って大化けしてくれたら面白いと思っています。

そうなったときは、zaifトークンに対して先見の目がある人か、適当に購入した大バカ者が、そこそこの財産を築くことができるでしょう。

当時、無価値のゴミトークンとバカにしていた人が泣くことになるのです。

 

 

 

8月16日 Zaifトークンの出来高が急増しています

 

数多くあるテクニカル指標の中で、出来高は貴重は材料となります。多額の金額が投入される場合、どうしても出来高はウソをつけません。上昇の気配を感じました。

 

 

この頃、50万zaifトークンの保有をしていますが、振り返れば、もうちょっとリスクを取っても良かったかなと思っています。ただ、本当に電子ゴミになる可能性もあっただけに、リスクを最小限に抑えられたことは、zaifトークンが駄目でも他の仮想通貨があると思っていたからでしょう。

 

8月27日の朝方に2.4円台を付けて、0.1円台ホルダーは資産20倍超えを達成しました。

 

zaifトークンは週末に急騰することが多く、この時もたしか、土日だったと思います。
朝からグングン上昇して2.4円まで上昇しましたが、朝山社長の、「水をさす」ようなチャット発言から一転、目を覚ました投資家が売りに転じて急落していきました。

私は、一切売りもせず完全放置!

このまま5円までいくと真剣に思っていました。

 

8月31日、仮想通貨投資を始めてから3ヶ月経過した

やった!3ヶ月で順調に資金が増えていきました。

 

 

少ない資金でも、増やすことが出来た良い時期でした。

 

2017年10月 Zaifトークンに対する批判的な意見が増えてきました

 

とにかく、価格が上がらないzaifトークン。

2.4円の高値を付けてから0.50円を割れてしまいました。

ネット上でも投機扱いされるのが当たり前となってきました。

 

 

2017年12月 Zaifトークンが4円台に急騰

 

> Zaifトークンが4円台へ急騰。zaif銘柄が絶好調継続

 

zaifトークンが4円台突破を達成しました。凄いです。何が凄いかって?ほとんどのzaifトークン保有者が救われたのです。(損切りしてしまった人は例外ですが・・)

今度はzaifトークンが4円台に突入し、このときに、上手に売り抜けた人もいたのではないかと思いました。

 

そして、2018年1月、2月に入ると、仮想通貨相場の急落を経験することになりました。私は信用取引をせず余裕資金でコツコツやるタイプなので、1度の暴落で資金が吹き飛ぶということはありません。

引き続き、2108年の仮想通貨相場を楽しみたいと思います。