ブログは文章を書く力が必要だけど、なにも、小説を書くわけではないので、素敵な文章も感動させる文章も必要はない。

作家になる努力をするよりも、作家になってしまったほうが早い。

ブログを書き始めると、必ず誰かに読まれることになる、自分の考えや経験を素直に記事にしていれば、ありのままの自分を受け入れてくれる人が現れる。

自分は文章なんて書けないって思っている人こそ、ブログを始めたらすごいことになるかもしれない。

ピコ太郎のように、有名人があなたのブログを読んで、感動して口コミで広めてくれるかもしれない。

そんなときのために、下手な文章でも良いから、たくさんの記事があったほうがより多くの人に共感してくれることでしょう。

どんなに文章が上手でもブログを書かないことにはなにも始まらないものです。