埼玉県川口市で頑張っている上場会社のASJ。

株価がグングン上昇を続けています。

 

注目POINTは、
国際特許出願中
クラウドサービス構築のために必要なハードウェア容量を最大3分の1にする新技術
大型提携
VRゲーム
業績拡大見込み

 

 

2015年2月13日に、株価が1190円の高値をつけてたものの、その後は400円前後を推移。

 

ところがですね、2017年5月22日現在、チャートがグーンと上がっています。

この記事を書いている今も、ストップ高732円で張り付いている状態です。

 

以下、株式新聞より引用

 

17日、グループ会社アスーサコーポレーションCEO(最高経営責任者)の西田博史工学博士とオレゴン州立大学が共同研究した技術「ランダムネットワークコーディング」(RNCDDS)がIEEE(国際電子技術者学会)に承認されたと発表した。

RNCDDSはクラウドサービスを構築するために利用される主流のストレージサーバと比較して大幅な高速化が実現を可能とし、ハードウエア容量を最大3分の1にする画期的な技術。国際的新規性および将来への発展の可能性が見込まれるためIEEEの論文誌に掲載されることも決定、西田博士は香港で開催されるIEEE主催のICME2017で同論文に関する基調講演を行う。

 

ネット上では、株価10倍を狙えるという声も上がっています。

川口市の上場企業は、いずれ購入しようと思っていましたので、今回のBIGニュースが購入に踏み切りました。

時価総額も100億円を下回っていますし、配当もあります。底値は限定されているかなと思いますので、ストップ高でも狙っていきます。

 

もちろん、

短期的には高値掴みになる可能性もあります。

「バカだねぇ」と思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、私は短期トレーダーではないので、そういった人たちとは時間軸が違うと思うので気にはしません。

 

ただ、

買えない可能性があるのがネック。

今後も、連続ストップ高ともなると、さすがに購入するのをためらいますね。

 

今後に期待です!

 

2017年6月2日(金)更新

900円台でASJ株を購入して以来、様子見をしています。500円以下で購入した多くの人達は2000円に到達したときに利益確定されたことでしょう。もしくは2000円の高値を一度見てしまってここ3日間の下落ぶりをみて、怖くなり売ってしまったケースも考えられます。

 

こういう株は、高値から30%~50%の下落は覚悟。あのミクシィもモンスト初期では大幅下落を経験し今の株価になっています。

ただ、そのまま100%下落というケースもありますので、資金管理と相談をしながら突っ込む金額に無理があってはなりませんね。

埼玉県川口市の企業ですから、今後も期待しています。

 

 

2017年6月14日(水)更新

一時期1200円まで落ちたASJが、再び2000円を超えてきました。強いですね。

 

私は、短期トレーダーではないので、しばらくは売りません。

2017年7月10日の午前中に、ASJがIEEEの論文を発表します。世界に向けて技術革新をアピールする大チャンスが到来します。日本だけでなく世界の起業と交渉をし、知名度と利益を爆発的にあげてほしいと思います。

引き続き、川口市の企業なので応援したいと思います。

 

2017年6月29日(木)更新

 

本日のASJはストップ高で引けました。

みごとですね。

 

ASJ<2351.T>が連騰し、一時293円高の1990円を付けた。きょうから保証金規制が解除され、買い気を誘発した。東証は29日売買分から信用取引の臨時措置を解除した。新規の売付けおよび買付けに係る委託保証金率を、これまでの70%以上(うち現金40%以上)から30%以上と元の水準に戻す。日証金も増担保金徴収措置を解除。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

 

7月10日のIEEEの論文発表に向けて、上昇期待です。発表後にどうなるかは・・・・・お楽しみですね。