仮想通貨のネムが18円台に戻ってしまいました。

20円台の時と比べて20%の下落です。仮想通貨は変動率が高いですから、もしも天井で購入してしまった高値ホルダーにとっては悲惨としか言いようがありません。

高値ホルダーを避けるためには、ドルコスト平均法しか方法はありません。つまりは積立です。私が行っているのも積立です。ただ、積立だけですよ儲けが少ないので、定期的にスポット買いを行います。

そのおかげで、ネムが200円台を突破したときも購入をしていません。(積立購入分は微微たるものです)

 

 

ネムが安くなるとどんなメリットがあるのか?

 

1つ目はハーベスト参加条件が緩むことです。

 

ネムが200円だった頃に、ハーベストの条件である1万XEMを購入するためには200万円が必要でした。それが18円になると、18万円でハーベストの権利を手に入れることができます。

もしもネムが10円になったら10万円、5万円になったら・・・そう考えますと、1万XEM程度は購入しておいても面白いかと思います。とくに仮想通貨を始めようとしている人にとってはチャンスです。

 

2つ目は仮想通貨勝ち組たちが今後の仮想通貨相場に批判的なため中期的に安値で仕込めること

 

ネムを購入したい場合は、当然ですが安い価格で買いたいものです。しかしながら高値では掴みたくない。そんな都合の良い方法が「積立」であることは先程も言いましたよね。

ネムに関しては、コインチェックでネム流出事件が起きてから激下げが続いていますし、今後もすぐには上がらないかもしれません。

過去に仮想通貨でひと稼ぎした勝ち組達が批判的なのも救いです。

毎月1万とか3万円程度のお小遣いを安値の間は続けることで、もしも横ばいが続いた場合に安定して保有数を増やすことができます。

理想は、誰も話題にしなくなったころが一番の買い時なのですけどね。まだまだツイッター上では仮想通貨の話題が上がっています。有料で情報を販売する輩も増えてきていますね。

 

仮想通貨で一発勝負は危険?

 

ネムが18円だからと言って、生活に支障が出るくらいの金額を一気に全力買いしてしまうと、悲惨な結果になりかねません、

たとえば1000万円分のネムを購入して10倍になったら1億円だと計画していたとしても、ネムが1.8円になったら100万円に目減りしてしまいます。積立にしておけば、ネムが1.8円になった場合に大量購入することができるのでもったいないです。

2016年から2017年の相場とは事情が変わってきていますので、有名な通貨ほど積立でコツコツのほうが良いですね。

 

仮想通貨相場が冷え込んでいますが、闇があけたときは、どの通貨にもまだまだ急騰する可能性も十分ありますので楽しみで仕方ありません。