大人になると、ダッシュをする機会はほとんどなくなります。

最近、「パレオダイエットの教科書」という本を読んでいるのですが、その中に、ダッシュすることを推奨する記事が書いてありました。

本の影響もあり、とりあえず1度試さないと気がすまない性格なので、近所の公園でダッシュをしてきました(笑)

 

「パレオダイエットの教科書」では、その名のとおり、パレオ式のダイエットの方法が書いてあります。太る原因として加工食品の食べ過ぎを一番の理由にあげていますので、おかしやジャンクフードの食べ過ぎは控えるように指摘はしていますが、逆に食べては良いものに対しては、今流行している「糖質制限ダイエット法」よりかは、ゆるいので、若干ゆるめのダイエット法になっています。

それでも痩せる人が多いので、パレオ式ダイエット法は、今後ジワジワと流行していくものと思っています。

 

HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング」とは?

日本語に略すと、「高強度・休憩・訓練」のことで、

マラソンのようにハードなトレーニングを長時間続けるのではなくて、ダッシュのように短時間だけハードな運動を行うエクササイズ法になります。

 

どんな効果があるのか?

 

・基礎代謝が上がり脂肪燃焼効果が高まる

・脳が幸せを感じ、空腹感が減る

・心肺機能が上がり寿命が延びる

・アンチエイジング効果がある

 

何か、どれもすばらしい効果ですね、聞いただけで今すぐダッシュしに行きたくなる人も多いでしょうか?

 

私がやったダッシの方法

1、8秒間ダッシュ

2、4秒休憩

3、8秒間ダッシュ

4、4秒休憩

5、8秒間ダッシュ

6、4秒休憩

7、8秒間ダッシュ

 

たったの8秒間のダッシュですが、4回ほど繰り返したくらいで、息が荒くなり、太ももが急激な疲労感に陥ってしまいました。

テニスの振り回しをしてヘトヘトになったときと似ています。

 

強度運動と休憩の比率は2対1が理想

パレオダイエットの本によりますと、強度運動を30秒やったら10秒程度の休憩を取ることが理想のようです。ダラダラ休憩しても効果が上がるわけではないということでした。

休憩が短い状態で、すぐに次のダッシュを行うので、必然的に体力が消耗されていきます。もうだめだ!動かないという状態になるまで追い込むことが出来れば成功です。

 

 

普段、運動しない人が久しぶりにダッシュしてしまうと、肉離れとかケガにつながりそうな気もしました。ですから、最初のうちはほどほどにしておいたほうが良いと思います。

また、ダッシュは毎日やる必要はなく、週に1回とか2回でも十分効果があるようです。

 

私は、毎日何キロも走るマラソンは苦手ですが、たまにやるダッシュならば継続できそうな気がします。

最近、太り気味で運動不足の人はぜひダッシュをしてみてください。