いままでフラットサーブで剛速球を相手コートに放り込むサーブこそ、テニスの醍醐味であり、サービスエースを連発できるようになることを目標にやってきましたが・・・、

素人が、そこそこのスピードが出るフラットサーブを打ったところで、よほどコースが良くないと相手に打ち返されてしまいます。

それよりもフラットぎみだけど少し縦回転(スピン)がかかっているサーブを打ち込むことで、「何とか打ち返すだけで精一杯」という状態にすることが理想なのかなと思うようになりました。

 

基本はフラットサーブだと思っていたけれど・・・

1st(ファーストサーブ)はとにかく、ガンガン速い球を打ち込む!そして、フォルトになったらセカンドサーブは、ちょこんと羽子板サーブ・・・・。このパターンは、もうすぐテニス歴3年になる私は卒業しなければなりません。

さらばフラットサーブ、さらば羽子板サーブです。

 

サーブのイメージを理解できた動画

フラットサーブをやめて、スライス、スピンを先にマスターしたほうが良いかもと思って、youtubeで動画を見まくりました。数あるテニス動画の中で、私の頭に「府に落ちる」説明をされている動画を偶然見つけました。

この動画、10回以上は見ました。万人受けはしないかもですが、私にとってはしっくり来ました。実際にこの動画を見て以降、実践でサーブの調子が良くなりました。

 

今まで、一緒にテニスをしている先輩たちにもサーブのアドバイスを頂いてきました。サーブが上達し始めてきて、やっと知識と動作がつながった気がします。

サーブは知識だけじゃダメですね。

 

正しい知識

正しいイメージ

正しい動作

 

この3つが組み合わさって、初めて良いサーブが継続して打てるようになります。

あとは、戦術ですね。相手のどこを狙えばいいか?サーブを打った後の自分のポジションはどうするか?

いろいろ考えることがあります。大変だ。