私はコーヒーが好きなのと、雰囲気が好きなので月に何度か喫茶店に行きます。

私は、このブログだけでなく、アフィリエイトサイトも運営しています。喫茶店では雑誌や新聞を見たりして情報を収集したりします。

スマホを使って、チラッと報酬を確認することもあります。

自分が紹介した商品やサービスが1つ売れて8000円の報酬が入っている場合などは、うれしく感じます。

 

インターネット上に、自分のブログやアフィリエイトサイトを公開しておくことで、自分が働いていない時でも売上を上げてくれます。

アフィリエイトサイトは「ネット上のセールスマン」だと言われています。

1度、アフィリエイトサイトを作って公開さえしてしまえば、あとは24時間365時間、セールスマンが働いてくれるわけです。

 

アフィリエイトサイトを持っていると、喫茶店に出かけているときも、寝ているときも、仮に病院で入院することになっても、旅行に出かけているときでも、売上が上がるのです。

これって、アフィリエイトの大きな醍醐味であると思います。

 

> アフィリエイターって経営者?労働者?