法人口座でイーサリアム(Ethereum)を保有しています。保有数は「1」です。日本円としての価値は2017年8月5日現在で25000円ほどです。

買い増しはしますが、売ることはしない予定です。

 

【追記】2017年12月現在、イーサリアムを0.3追加して合計1.3になっています。
【追記】2018年1月現在、イーサリアムを0.4追加して合計1.7になっています。

2018年1月8日現在、1イーサ1126ドル(12万円~相当)

 

法人口座なので基本的には時価会計になります。期中に売却してしまえば確定利益となり個人の場合と同じになりますが、

 

含み益が出たまま決算期を跨いだ場合は、短期売買目的として仮想通貨取引を行っている場合には、法人としての所得(益金)として評価され、逆に含み損が出れば、確定した利益など他の所得から引くことが出来ます。

 

期末決算が近づいてきたら、このイーサリアムをどう処理するべきか税務署と相談しながら申告する予定ですが、1.7イーサリアムのままだったら、少額なので株と同じと考えで申告したいと思います。

 

どうせ、窓口の税務署員に相談したって、あとから覆る必要がありますしね。

 

私の場合、保有している通貨の半数以上は個人で保有しています。個人の場合だと時価会計が採用されることはないと思いますので、含み益が1億円あっても、課税されることはされません。

 

ですが、自分の会社にも新規事業をやるときの資金をためていきたいので、法人としてもジワジワと保有数を増やすつもりです。一番怖いのは、イーサリアムが急騰してしまって、法人として1億円の含み益を抱えてしまったら、税金対策が間に合いませんので税理士さんに相談するかもです。

 

もちろん、会社が保有している通貨が急騰したら嬉しいのですが、まだまだ会計基準が不透明なため、どうしても法人で大量保有するには勇気がいりまね。