我が家では、今まで「国内産の非遺伝子組み換えのなたね油」を使用してきました。

製造メーカーは鹿北製油という鹿児島にある小さな会社で、設立は昭和24年と老舗です。公式サイトを拝見しますと、代表の和田 久輝(わだ ひさてる)さんの健康意識の高さがうかがえます。

もちろん、このなたね油は、
添加物や化学薬品等(苛性ソーダ・蓚酸など)は、使用していない無精製の原油になります。

さらに、※栽培期間中農薬不使用九州産非遺伝子組み換えなたね使用を使用しているとのこと。

たしかに、コクと旨味があるので、主に、天ぷらや揚げ物をやる場合に活躍させていただいています。

 

国産 黄金油(なたね油) 1,650g
カホクの黄金油 1650g【イチオシ】
※ 2200円(税別)送料無料 最安値は楽天24

 

 

本当に遺伝子組換えではないのか?不安ならば生活クラブ

 

健康維持のためには、安い油ではなく、少しでも体に良い油を摂取したいものですよね。ただ値段も気になるところ。なるべく安くしかも安全な菜種油を手に入れたいならば、「生活クラブ」がオススメです。

生活クラブは、とくに遺伝子組換対策にはこだわっているので、スーパーでうっかり遺伝子組換えの油を購入してしまったという失敗はほぼなくなります。

生活クラブの運営の人たちが、徹底的に品質を保障してくれるので安心です。

 

生活クラブの菜種油は2種類

 

  1. 国産とオーストラリア産のブレンド
  2. 国産100%

 

やはり、国産100%のほうが価格は高いです。

 

■【生活クラブ】 ブレンド 1680gで1022円(税抜き)

■【生活クラブ】国産100% 600gで650円(税抜き)※1650g換算すると1787円(税抜き)

■【参考】   国産 黄金油(なたね油) 1,650g
カホクの黄金油 1650g【イチオシ】 ※ 2200円(税別)

 

生活クラブの国産100%菜種油は1787円相当、鹿北製油は2200円となり、価格差は413円とごくわずか。この413円の価格差の価値は?

鹿北製油の場合、無農薬をうたっています(栽培中のみ農薬不使用)が、生活クラブは無農薬とは宣伝していません。いずれも遺伝子組換えではないことは宣言していますので、農薬を使用しているか?していないかが価格差といっても良いでしょう。

ただ、多くの人は、そこまで無農薬にこだわってはいないでしょう、むしろ遺伝子組換えのほうが危険だと思いますので、値段も安くて安心も手に入れたいならば、生活クラブの国産ブレンド菜種油がオススメです。

ここ最近、国産ブレンド比率を10%から30%に一気にアップさせていますので、今後も期待が持てます。個人的には50%は超えて欲しいかと・・・(その分料金がアップしてしまいますが)

 

本当に遺伝子組換えではないのか?を自分で確認することはとても面倒です。ですから生活クラブのような「消費者の立場」になって運営されている団体に任せてしまうのが一番楽ですね。

自分の代わりに生活クラブが調査してくれているのですから安心できます。

 

我が家の菜種油事情

 

天ぷらなどは、今まで通り国産 黄金油(なたね油) 1,650g
カホクの黄金油 1650g【イチオシ】 ※ 2200円(税別) をメインに使い。

 

普段よく食べる、炒めものなどには、生活クラブの国産ブレンド菜種油を使います。

つまりは、2種類のなたね油を使いみちによって併用するということですね。

そうすることで、コストも削減できて安全も手に入ります。

 

もちろん、カホクの菜種油は高すぎて手がでないという人は、生活クラブの国産ブレンド1本で絞ってしまうのも良い決断だと思いますよ。