風邪引きました。

せっかくなので、いつもどおり薬に頼らず自力で治してみることにしました。

 

1日目

朝起きたら、体がブルっと震えていて、これは熱が出る前兆だと自覚する。午後に37度台に突入。風邪が確定したので、Tシャツを重ね着して温かい格好でひたすら寝ることにしました。

 

2日目

朝起きたら38度台へ突入、食欲は全くない状態。寒気がすごい。24時間中20時間はベッドの上で寝たい感じでした。

 

3日目

37度6分から38度3分の間でばらつきが出る。食欲はあいかわず全くない!水にレモン水を混ぜてこまめに摂取する。便も出ない。寒気は薄れてきた。とにかく寝た!

 

4日目

熱はまだ37度5分前後あったが、どうしても外出しないといけない用事があったため、半日出かけた。

 

5日目

熱が37度2分前後。5日連続37度台を越えたのは、ここ数十年で始めてかもしれない・・・・。この日もひたすら寝る

 

6日目

朝起きたら、36度8分になっていた。ひさびさの36度台に出戻りです。いやぁ長かった。

 

まとめ

5日間も熱が続いて、1日15時間以上は確実に寝ている生活をしていました。

食欲もなく、体重は2キロくらい減りましたが、ほとんど食べてないのだから想定内です。

熱を出してよかったと思えたことは、久しぶりに「何もせずにひたすら寝る!」ことができたことです。

数十年分の体の疲れが、ドットとれたような気がしました。

 

高熱が続かない限り、ダラダラ寝ていることなんて出来ないですよね。

たまには風邪をひくって大事なことなのかもしれませんね。