zaifトークンの使い道がないから絶対に買わないと考えている人は多いと思います。

しっかりとした理由があって投資対象外にしているのならばでそれはそれで正解でしょう。

 

ただ、もしも今後zaifトークンの使いみちがあれば話は変わってきます。

今まで買わなかった人たちは、「買わない理由がなくなってしまうので」ちょっとだけ買ってみるかとなるケースが考えられます。

 

今、zaifトークンを購入している人は、

 

今後使い道が増えるかもしれない、というよりも、テックビューロ自体に期待している、そんな理由で購入している人のほうが多いのかな?と思いますが、

 

一番怖いのは、テックビューロに期待をしていて大量購入していた人たちが、やっぱり将来性に期待できないので資金を引き上げてしまう場合ですね。

こうなってしまうと、もう1.5円以上のホルダーは助からないかと思います。

 

今は使いみちはないけれど、これからどんどん増えていくという期待が、再度膨らんできたときに、ジワジワ相場が上がるのが理想です。

今は投機でもいいから急騰急落を繰り返して、zaifトークンの認知度が上がれば、再び相場が上昇していくのかな。

 

注意点は、

投機的な動きになっていますから、理由なんか関係なしに噴火してしまう可能性もあるってことです。

気にしていたのに、上がりすぎて買えないってのは後悔しますからね。

 

短期投資しかり、長期投資でさえ、相場が荒れているときは難しいですね。