0.20円台をキープしていたZaifトークンが、いつのまにか0.16円台まで落ちていたので調べてみると、

2019年8月22日(金)のニュースでZaif取引所が閉鎖するとの発表があったようだ。

「あれっ?」

これって既出の情報なので、どうしてこんなに落ちるのかなと思い、

Zaifトークンを買い増ししました。

閉鎖・廃業・倒産・・・ このような悪いイメージを一瞬でもよぎった個人投資家たちが投げ売り?をしたのでしょうか?

 

そもそも、

Zaif取引所は、ハッキング事件が起きるまでは「テックビューロ」が運営をしていましたが、その後フィスコという上場会社に取引所運営を譲渡されています。

Zaif取引所は顧客情報もシステムも当面はそのまま残るわけで、相場に冷水を与えるほどでもないとは思うのですが、そうはいきませんでしたね。

テックビューロは取引所の運営を手放しても、テックビューロホールディングスという会社の形態のひとつとして、mijinとかコムサとかを扱っています。

 

zaif銘柄が、もうひと花咲かせてくれる日は来るのでしょうか?