ひとりビジネスを続けたいならば、

 

1,忙しくしないこと

2,粗利率を極限まで高めること

3,在庫を持たないこと

4,規模を拡大しないこと

5,横展開すること

 

ビジネスを継続するためには売上重視だといわれているが、たいして利益が出ないビジネスなのに値段を下げてまで新規顧客を呼び込み売り上げようとする行為はNGである。一人ビジネスの場合は、新規顧客を減らし単価を上げることで、忙しくないのに利益が出る状況を作ることが重要である。

 

高い家賃のオフィスを構えないこと!自宅を利用したりレンタルオフィスを活用したり、とにかく固定費に多額のお金をかけないことが重要である。

 

在庫をたくさん持たないと成立しないビジネスは、倉庫代もかかるし、在庫が資産になってしまい税金対策も大変になる。基本は、ネット上で完結するサービスを提供することが重要である。

 

たまたま儲けたからといって、さらに大儲けしようと思って事業拡大を狙わないこと。儲けたお金を使っておかしなことに経費を使ったりすると税金は安くなるが手元にお金が残らなくなる。手元資金が大きくなると大儲けしなくても良いという精神安定剤になるので、やはりお金は残しておくべきである。

 

小さく儲けたやり方をまねて他に生かすこと。たとえば1つのアフィリエイトサイトが成功したら、同じやり方でジャンルの違うアフィリエイトサイトを作るとか試してみると良い。0から考えるよりかは成功したサイトの良い例を参考にして横展開していくのがベストである。

 

一人ビジネスの場合、

初期投資をたくさんかけて、とにかく売り上げを上げて、薄利多売で商売をするようなパターンは危険である。いかにお金をかけずに、忙しくないようにビジネスを行えるかが最優先事項なのである。

もしも忙しくなると人を雇う必要も出てくるし、無駄なお金がかかってしまい、忙しいわりには手元にお金が残らないという最悪の事態が起きる。

もしもあなたが一人ビジネスを行いたいならば、考えをあらためよう。