1つの事にずっと悩んでいる人ってこだわりが強いというか、脳みそが引くに引けない状況に追い込まれているのだと思います。

悩まずにはいられない、考えずにはいられない、そのことばかりを考え込んでしまう・・・。
悩んでいても解決するわけはなく、無限ループ状態が続きます。

例えば、最近の男性は20代でも薄毛が進行する人が多いと言われています。ハゲてしまったら女性にもてなくるという恐怖感から育毛剤を買ったりしてしまうそうです。
若い子ならば理解はできますが、5、60歳の年をすぎた男性が、いつまでも薄毛を気にしているようでは、ちょっとそれは違うかなって思います。
悩んでも毛は増えませんし、毛が増える効果のある育毛剤など付けたら、副作用が強くて毛は生えても健康を、高血圧になったり、肝臓をやられたりして健康を害してしまう恐れがあります。

「ハゲは駄目だ」という固定概念を捨てて、「ハゲでもいいじゃん」って思えれば、どんなに楽な気持ちになれるか?
悩むことって、解決しないってことだから、脳は常にフル回転してしまいます。脳は答えを出すまで活動し続けるので、エネルギーを使います。
悩んでばかりいる人って、反動で暴飲暴食になってしまったり、精神的な病気になって薬を飲むようになってしまったり、体にとって良くない結果になることが多いのです。

悩んでいる暇があるならば、思い切ってこだわりを捨ててしまえばよいのにって思います。
悩みの原因が他人だとしても、最終的には自分次第で悩みなんて解決します。その場から逃げたって良いし、解決する方法はいくらでもあります。