私は、保険が嫌いです。というか保険システムが嫌いです。保険は、基本的には「不安ビジネス」と言われていて、人間の不安な心理を利用して制度設計されています。不安ビジネスと言えば、育毛剤もそうですね・・・、「抜け毛が増えた男性」に対して、このままではハゲますよと脅しをかけて育毛剤を販売するのです。毛がフサフサの人は不安じゃないので育毛剤など買いません。

結婚すると、生命保険に入るのが義務であるかのような風潮があります。これっておかしくないですか?

保険好きな主婦さんたちは、「死んだらどうするの?」って杓子定規のようにセールスしてきますけど、「死ななきゃどうするの?」ってことが抜けているのが気に食わないのです。

夫に、死亡保険をたっぷりかけて内心喜んでいる奥様たち!人間として失格ですよ!

 

国民年金に加入していますか?

そうは言いましても、我が家にも赤ちゃんが誕生しましたので、生命保険に入らないとは言い切れないようになってきました。

そこで、私(パパ)が亡くなった場合に、我が家に入ってくるお金を計算してみたいと思います。意外と知らない人も多いと思うので参考になるかと思います。保険会社に馬鹿みたいな大金を払う必要はなくなるかもです。

 

国民年金加入者には遺族年金がある。

18歳未満の子供が1人いる家庭で、父親、又は母親がなくなった場合は、なんと年間101万4400円支給される。月額にすると84500円だ。この金額が無条件で、しかも所得税などの税金が一切かからないメリットもある。84500円もあれば、少なくとも食事には困らないだろう。賃貸の場合は家賃の安い地域へ引越しをするなどすれば何とかなる。夫名義でマイホームがある家庭は、夫が亡くなった場合、残りのローンが免除されるので、住宅ローンという高額な固定費が無くなるわけだから心配はいらない。(住宅ローン免除と言ってももともと自分で支払った生命保険が適用されただけにすぎない、住宅価格に生命保険が上乗せされているだけ)

この遺族年金の存在を知らないで、保険のおばちゃんのセールストークだけ聞いて、生命保険の金額を決めると、「基本的には高すぎる」結果となる。

この遺族年金制度だが、子供が18歳になるまでは毎年101万円もらえるが、再婚してしまうと一切もらえなくなる、そこで打ち切りだ。トータルで考えれば、良い人が現れたら再婚したほうが精神的にもメリットがあると思われるが、年間101万円以上の価値がない奴とは再婚できない!と考える人も多いかもしれない・・・。悲しいけど、お金中心で物事を考えている人は、意地でも再婚しないかも。

 

1歳の子供を残して夫又は妻が無くなったら最大で17年間で妬く1700万円を支給される

あくまでも、再婚しなかった場合だが、子供が18歳になるまでに毎年101万円支給されるのだから、累計すると結構な額になる。日本は弱いものには意外とやさしい国なんですね。

 

大学はどうするの?

毎年101万円もらっても、大学行きたいって言ったら学費はどうするの?って考えている人もいるでしょう。そもそも大学行くことが前提なのが間違っているのですが・・・どうしても大学に行きたいならば生命保険に頼ることもないでしょう・・。貯金しておけば良いですし、奨学金や、ローンを組むこともできます。本気で大学に行く気があるなら、その真剣な気持ちを伝えれば親戚からお金を借りることだってできるでしょう。「そもそも適当な気持ちで大学に行くこと」が間違っています。もしも子供が商売をやりたいと言うならば、問答無用で「大学には行かせません!」

そのときになってみないと分からないってのが本当の所でしょう。

生命保険の金額で悩んでいるときに、ネットや保険のおばちゃんに相談すると保険料を多く払って欲しいからか当然のように学費を含めますね。けど、将来的に学費が無料になるかもしれないですし、宝くじに当たるかもしれないですし、そもそも日本で暮らしているか?それすら分からないわけですから、今から不安がっていてもしょうがありません。

 

何も考えないで保険に入るな!

保険は、適当に考えいると、無駄な出費になります。無駄な出費は死に金!お金に縁がなくなっていきます。2000万、3000万もの生命保険に入る人もいますが、若いうちは掛け金が安いからと言って加入してしまうと無駄遣いになります。どうして掛け金が安いかと言うと、死なないから安いだけです、ただそれだけです。

 

生命保険はネットで申し込め!

保険はインターネットで申し込めばよいです。保険のおばちゃん経由だと、2倍から3倍はコストが高くなります。どうせ死なないのですからネットで十分です。

保険金1000万円前後の受け取りにすると毎月1000円代で加入できます。

 

シミュレーション

子供が1人いる家庭で、子供が5歳のときにパパが亡くなった場合、生命保険は1000万円。妻が受け取れる金額(年間)

 

国民年金の遺族年金 101万

生命保険 83万円(1000万円を子供が18歳になるまでの年数で割っています)

合計 184万円

 

このように月額15万円もの収入が入るようになります。このほかに、夫、又は妻が厚生年金に入っていれば、そっちからもお金が入ってきますので年間で200万円以上の収入が、「働かずして」入ってくるケースもあります。

もしも、これだけもらった上に、パートでもいいから働けば、普通の家庭以上に暮らすことができます。

さらにさらに、貯金もあれば、その分も自由に使うことができます。何も生命保険だけが頼りになるわけではないのです。

 

人間はどうせ簡単には死なないのですから、義務のように必要以上に生命保険にお金を払う必要はないのです。