1日100円貯めると30年後には10万円を突破します。

逆に言えば、1日100円貯められない人は30年後の10万円を手にすることはできません。

本当に、100円の貯金も出来ないのでしょうか?

 

姑息な手段だけど効果があること

 

・140円のペットボトル飲料を自動販売機で購入するのをやめてみる。どうせ自販機を利用するなら周辺にお金が落ちていないか確認してみる

・たばこを1日1本減らす

・ランチ代を1000円から900円に減らす

・50円玉貯金をする

・つもり貯金をする

・知人や同僚に「おごって」と言ってみる

・ショップ店員さんに100円値切る

・車の急発進、急ブレーキをやめてみる

・コンビニに行かない

・よく行くお店は株主優待を利用する

・よく行くお店はネットやスマホでクーポンを利用する

・見えないところのおしゃれはしない

・虫歯、歯周病対策にはお金をかける

 

 

ざっと思いついただけでも、いくらでもアイディアが出てきます。節約や貯金というと、直接お金が手から離れていったり手にしたりを想像するかもしれませんが、

例えば、虫歯対策のために関連書籍を買ったり、ちょっと高い歯ブラシを買ったりすることが節約になったりもします。どういうことかと言いますと、虫歯対策をしないで将来虫歯だらけになってしまったら歯を失います。歯がないと健康を害します。健康じゃなくなるといろいろお金がかかります。

ですから、今のうちに虫歯対策にお金をかけておくことは結果的には節約になるのです。必要なこと(もの)にお金を回すことで、今まで無駄にしてきたことを節約しようと気になるでしょう。

車の急発進急ブレーキだって、燃費悪くなりますからね。ガソリンが早く減るので、他人よりも高いガソリン代を支払う羽目になります。

 

目に見えないところで100円程度の節約はいくらでもできます。

毎日、いろいろ気にしながら生活するのは面倒ならば、100円を発見するごとに貯金をしてみることを試してみれば良いのでは?