「キャッシュレス化」をオススメします。

pring初体験!今回チャレンジしたこと

500円を以下の順番で送金してみた。
pring ⇒みずほ銀行⇒pring⇒りそな銀行⇒pring

送金手数料は?送金時間はどのくらい?

 

piringをインストールした時に無料でもらえた「500円」を、みずほ銀行へ出金申請をしたところから検証スタート。

 

まずは、
10時4分にpringからみずほ銀行へ出金申請をしました。午前中に出金依頼をすれば当日中にはみずほ銀行へ振込されるそうなのですが、いったいどのくら時間がかかるか期待したいところです。

10時20分の段階ではまだ未入金でした、気長に待ってみることにします。

12時15分にpringからみずほ銀行への入金が確認されました。
pringで出金依頼をしてから約2時間後でした。

 

12時15分。
みずほ銀行からpring口座に500円を戻す申請をしました。
※当日12時を経過した出金申請は翌営業日に振込まれるとのことで、本日は金曜日なので翌週の月曜日まで待つことになりました。

翌月曜日の12時30分ごろ、無事にみずほ銀行からpring口座に500円が戻ってきました。

自分のお金を動かすのためにここまでかかった費用は0円。振込手数料やらATM出金手数料やらがないので非常にありがたいですね。

最後に、pringからりそな銀行へ出金申請をしてみました。この時点で12時を過ぎていたので、実際に出金が完了したのが翌日の12時30分頃でした。

 

pringを利用してわかったこと

 

銀行口座からpiringにチャージする場合は即日で完了する。土日だろうが24時間即チャージされる。

逆に、pringから銀行口座へお金を戻す場合は、土日は不可なので、週末にどうしても銀行口座にお金を戻したい場合は金曜日の12時までに出金申請をする必要がある。

pring利用者どおしなら24時間365日送金が可能。

 

今回は、みずほ銀行からりそな銀行へ送金する際に、間にpiringを介して送金すると振込手数料などが0円でできることを実験したのですが、pringの最大のメリットは、個人間のお金のやり取りができることだと思います。

 

例えば、

子供へのお小遣いをpringにする

奥さん(旦那)さんへのお小遣いをpiringにする

友達と食事に行った時にpiringで割り勘する。

 

いろいろな使いみちがあります。とにかく今までお金のやりとりが現金しかなかったことがpiringを利用することによって現金が必要がなくなります。

スマホアプリの操作性も超簡単で、説明書など必要ないレベル。子供からお年寄りまで利用できるスグレモノです。ぜひ導入してみてください。