必要のない親知らずは抜いてしまえというのが昔の歯医者の方針のようですが、信頼できない歯医者に脅されたとしても抜きたくありません。将来的には信頼できる歯医者を見つけて、どうしても仕方のない場合に限り親知らず抜こうかと思っています。

 

親知らずの有効活用法

最近では、腕の良い歯医者の場合、親知らずを移植してくれるらしい。

(そんな歯医者様に出会いたい)

 

例えば、奥歯が虫歯になり抜かなくてはならなくなった場合、親知らずを移植すれば抜いた奥歯の代わりになるのだそう。

親知らずは抜いてしまう人が多い中、このような利用方法があることを知っていれば不必要に抜いてしまう人は減るだろうにと思う。

生えかけの親知らずは虫歯になりやすい、しかも隣の奥歯も虫歯になりやすい、だから早いうちに抜いておいたほうが良いという歯医者のアドバイスもわからないでもないが・・・・。

基本的に、安易に自分の歯は抜いてはいけないものだと思う。

 

 

将来的には親知らずの神経を利用することも可能になる。

 

さらに、親知らずの有効活用法として、前歯など他の神経が死んだ歯に親知らずの生きた神経を移植して再生するという技術も可能になるらしい、そういうことを知っていると、ますます親知らずを保存しておきたいと思える。

その代わり、虫歯にならないように徹底的に歯磨きをする必要がありますが、ワンタフトブラシなどを使えばきれいに磨くことが出来ます。

もしも、歯医者に親知らずを抜いたほうが良いと言われたら即決しないで、転院するなどして複数の歯科医に相談をすると良いでしょう。