あいうべ体操とは、みらいクリニック院長である今井一彰さんが推奨している、口をうごかす体操です。

やり方はとっても簡単で、毎日続けると、アトピー体質の人や歯周病、体力低下などが改善した人も多く存在しています。

 

ラッキーにも私のブログを発見したあなたは、今からでも実践してみてください。私と一緒に毎日継続していきましょう!

 

あいうべ体操のやり方

「あ い う べ~」 と声を出して大袈裟に口を開きます。べ~の時には舌を思い切り出します。

1日30回をやると良いのだそう。早くやるよりは、ゆっくりやるのがコツ。

たったこれだけなのですが、すばらしい効果が出ているようです。

あいうべ体操をやっても、まったく疲れない人は、極端に大袈裟にやってください。

それでも平気の人は、トレーニング効果が出てきています。

 

 

あいうべ体操の効果

 

あいうべ体操の一番の効果は、舌が鍛えられることによって口呼吸が直り、人間本来の鼻呼吸に戻れることです。

鼻呼吸になることで、体のあちこちで不調が出ていたのが驚くほど改善した例があります。

 

口呼吸の弊害

アレルギー(花粉症、湿疹、鼻炎、鼻づまり、乾癬、喘息)

消化系(潰瘍性大腸炎、下痢、便秘、過敏性腸症候群、クローン病、胃炎)

精神系(うつ病、パニック症候群、全身倦怠感)

耳鼻系(ドライマウス、口内炎、虫歯、歯周病、口唇ヘルペス、副鼻腔炎、鼻茸、いびき、

気管系(インフルエンザ、肺炎、風邪、気管支炎、上咽頭炎

血管系(高血圧、糖尿病)

内臓系(腎臓病、肝炎、虫垂炎)

その他(頭痛、冷え性、肩こり、腰痛、顔の老化)

 

引用 健康でいたければ鼻呼吸にしなさい!著者 みらいクリニック院長である今井一彰

 

口呼吸になっていることで、こんなにも体に不調が現れます。

あいうべ体操で、鼻呼吸に戻すことの大切さがお分かりかと思います。