高学歴だけど歯がボロボロ、美人だけど歯がボロボロ・・・そんな大人に育ってほしくはない。

人間が一番必要とするのは健康な体であると思う。歯が不健康だと頭も良くなりにくいし、体に歪みを出て来るし、虫歯菌が全身に運ばれて糖尿病になったりもする・・。

ですから、自分の子供の歯が親としてしっかりと手入れをしてあげたいと思うのです。

大人でさえ上手に歯磨きができないのですから、子供に任せっきりではだめです。親が仕上げみがきを徹底してあげないといけません。

 

乳歯が虫歯になってもいいじゃない?

 

子供が生まれる前は、馬鹿な発想をしていました。どうせ大人の歯が生えてくるのだから乳歯が虫歯になっても良いじゃないと・・・。この考えは親として失格なんです。

もしも虫歯を放置させて、神経にまで進行してしまったら大人の歯との入れ替えが上手にいかなくなるのです。すると本来の正しい生え方が出来ず歯並びが悪くなってしまうのです。

歯並びが悪ければ矯正すればいいじゃないと思われるかもしれませんが、矯正すると大切な歯を抜かないといけなくなります。歯科医によっては健康な歯を抜くなんてとんでもないと考えている人も多く、私もたとえ矯正だとしても健康の歯を抜くことはリスクが高いと思っています。

ですから、なるべく乳歯のときから虫歯にならないようにして神経を活かし、大人の歯をスムーズに生え変わるようにサポートしてあげるのが親の務めなのです。

そのためには、日頃の歯磨きを親がしてあげることです。

 

大人になって感謝されたらうれしい

乳歯のときから虫歯がなく、歯並びも良い状態を作ってあげたら、将来的に喜んでくれる姿を想像するとうれしくなります。

歯がきれいで丈夫でいられることは、自信にもつながりますし、なによりも健康でいられるのです。

子供に健康をプレゼンとできるなんて親として最高の幸せなのです。