これからビットコインを購入して自分も大金を手に入れるぞと気合が入っている人に水を差すようですが、投資をする上では必ず反対意見を聞いておいたほうが良いかと思います。

ネット上では、ビットコインは危ない!と言っている人たちが多くいますのでぜひ参考にしましょう。

 

ビットコインはバブルであり、終焉(破綻)が決まっていることが、FXや株との違いである。

 

例えば、FXの場合は国が破綻するなど特別なことがない限り、突然無くなることはありませんし、株式投資についてはその企業が成長を続ける限り資金がどんどん投入されて株価は無限に上昇を続けていきます。

 

しかし、ビットコインは2200万枚と発行枚数が決まっており、今は「きっと上昇するだろう」という総意で上がっていると言います。しかも取引の半数近くは信用取引なので、現物しかできないとしたらビットコインが100万円にタッチしそうにすらならなかったと思います。

 

三橋貴明氏(経済評論家)は以前、youtubeで以下のようなコメントを発していました。(※要約しています)

 

ビットコインが主流になるわけがない理由は、国家への納税は、「円」で支払わないといけないから。円で納税することで国家が公的サービスを提供する。ビットコインでは納税できない。4000ドルの時点でバブルである。

 

たしかに、ビットコインが円やドルにとって変わるかのような期待が高まっています。ただ、それは期待だけでとうてい先の話であるようです。国家が納税を円(実際には不動産などの現物で納税する場合もある)からビットコインに変えることはないと思います。

もしもビットコイン納税を可能にしたら、円の役割は半減しますよね。

 

とはいえ、納税が円のままだからビットコインは主流にならないというのはあくまでも1つの意見ですので、それを鵜呑みにして「ビットコイン投資やめーた」というのはもったいないです。

そこで、技術的な面で

ひろゆき氏(2ちゃんねる元管理人)がビットコインについて否定していたコメントがありますので知っておいたほうが良いでしょう。(※要約しています)

 

ビットコインは改ざんが難しいが、円やドルでも悪さをする奴はいるためビットコインが特別ではない。ビットコインは終焉が決まっている運命。逃げないと最後は負ける。今後どんどん計算量が増えていき電気代が増加し儲からなくなる。最終的には改ざんされて終了、破綻へ。量子コンピュータでビットコインの計算に使えるようになったら、量子コンピューターを支配したものが勢力を持ってしまう。

 

このコメントが何となく分かる人は、すでにビットコイン投資をしている人だと思います。私は何となく理解できますが、このコメントを聞いても、やはりビットコインを始め暗号通貨投資の魅力はあると思っています。

 

そういう人が多いから相場が上昇を続けているのでしょうけど、何年先か分からないけれどバブル崩壊が来ることは覚悟はしておいたほうが良いかなと。

 

これからは、想像を絶することがどんどん起こるわけで、難しいことは考えずにどんどん投資することは個人的には大事だと思います。