暗号通貨(仮想通貨)や株式投資で儲けた場合の保育料は?

 

株式投資を「特定口座」で運用しているご家庭は、証券会社が天引きで税金を引いてくれているので確定申告の必要がありません。ですから株式投資で儲けたお金は市区町村には把握されないため保育料のアップはありません。

ただ、暗号通貨で儲けた場合は、雑所得になりますので必ず確定申告が必要になり、稼いだ金額は市区町村にバレてしまいます。ですので保育料は急激にアップします。

 

最近、自民党や公明党が騒いでいる、保育料や幼稚園料の無償化はいつからなのか?気になっている人も多いことでしょう。

 

予定では、2019年10月(H31)の消費税増税後に実施されるようですので。2020年4月以降(H32)と考えておいて間違いないかと思います。

 

ただし、0歳から2歳児に限っては住民税が非課税世帯でないと駄目など制限があります。

 

2017年現在、保育園に0歳児クラスで預けているご家庭では、3年後のちょうど3歳児クラスに進級している頃には無償化になっているはずです。

 

H29年度 0歳 非課税世帯、生活保護世帯は無償へ

H30年度 1歳 非課税世帯、生活保護世帯は無償へ

H31年度 2歳 非課税世帯、生活保護世帯は無償へ

H32年度 3歳 完全無償

H33年度 4歳 完全無償

H34年度 5歳 完全無償

 

3歳児クラスになると保育料は2歳以下の頃よりも多少安くなり、3歳以上になるとさらに安くなります。

 

仮に3歳児クラスで毎月20000円払っている家庭の場合、無償化により年間24万円の節約になります。

結構、大きな節約になりますよね。

その分、消費税負担は増えますが・・

 

これから妊活する夫婦にとっては朗報?

 

私個人的には、0歳から2歳時クラスの場合でも、全額無償とは言えないまでも、保育料の軽減がされるのではないかと思っています。

今の制度だと、例えば暗号通貨などの雑所得で儲けてしまった家庭は、市県民税が馬鹿高くなるのと比例して保育料も月額10万円くらいまで上昇してしまいます。

年間で100万円も保育料がかかるなんて異常です。

ですから、非課税世帯に限定せず、値下げをするべきです。

 

暗号通貨で稼いでも保育料アップしないで欲しい

 

暗号通貨は一攫千金が狙えます。もしも稼いだらそれなりの出費は覚悟しなければいけないことも大切かもしれませんが、国が積極的に投資することを推奨しているならば、投資で稼いだお金に対しては税金を安くするとか、保育料アップを免除するとかして欲しいものです。

暗号通貨を投資として認識してくれない限り無理かな・・・

少子化対策するなら、保育料は完全無料が当たり前なんですけどね。