我が子は1歳を過ぎても立ち上がることはできても、一人歩きすることはできませんでした。そんな様子を見て妻は心配しているようでした。

 

統計的には、1歳になるまでに一人歩きできる割合は40%程度しかありません。つまり、歩けなくても当たり前なんですね。

 

1歳1ヶ月になると60%
1歳2ヶ月になると80%
1歳3ヶ月になると90%

歩けるようになります。

 

赤ちゃんが歩くには、筋肉が発達することや、歩きたいという意思も必要だそうで、親が「無理やり歩かせようと練習させても」効果はないようです。

今は歩けなくても、ハイハイやつかまり立ちをしていれば十分だと認識しておくと良いですね。

 

ちなみに、我が子は1歳2ヶ月から3ヶ月の間に一歩だけ歩くことができるようになりました。

 

1歳3ヶ月でも90%、逆を言えば10人に1人はまだ歩けないのですから、特別ではありません。個性です。
赤ちゃんだって、本当は歩けるのに、歩かないフリをしているだけなのかもしれません。

 

個性をつぶす親が多いですが、何事も平均に収まれば安心だという考えは私は持たないようにしています。

 

ただ、どうしても心配ならば、心配を解消するために小児科に相談に行くのも良いでしょう。
アドバイスをもらえると思いますが、たいていは時間が経過すれば歩けるようになるのです。