日雇いアルバイトをして日給8000円もらっても、次の日に休んでしまえば1円ももらえません。それが世の中の仕組みです。

ところが、休んでもお金をもらうことができるシステムも存在するのです。

それが、ストックビジネス。

ストックビジネスとは、1度得ることが出来た報酬が次の日も翌月も将来に渡って収入が入ってくることが見込まれるシステムで、不動産投資の賃貸料、作曲家の印税や特許料、アフィリエイト報酬なんかが該当します。

例えば、アドセンスや物品アフィリエイトで1日に3000円の報酬が入るとします。すると1ヶ月後には約9万円、1年後には100万円以上の報酬が入ってきます。

ある程度報酬が上がるようになってくると、必死になってブログ更新をしなくても海外旅行で1週間ほったらかしても報酬が入り続けます。

休んでいても収入を得られることが日雇いアルバイトとの決定的な違いです。

 

どうしてストックビジネスをしたほうが良いのか?

 

時間は有限だからです。

人間には寿命がありますから、どうしても今日よりも明日、明日よりもあさってのほうが死ぬ確率が高まります。

今日1日アフィリエイト作業に費やした分は、将来に渡って報酬を出し続けてくれます。

広告主からの突然の打ち切りとか気にしても仕方ありません。1つでなくて2つ3つとたくさんアフィリエイトサイトを作っていけばいいだけの話です。

 

また、アフィリエイトだけでなく投資をすることも重要です。

現金だけで保有していても将来インフレになってしまえば投資で負けたことと同じことです。

投資で負けることが怖いとか、バカバカしいいから投資はしないなどと、思考停止していたら10年後に満足する生活ができるか保証などありません。

今では、暗号通貨や株式投資で勝ちやすい時期なのですから、こういったチャンスはものにしておくべきです。

ただ、短期売買はおすすめできません。

やるなら、ルールをしっかりと作ってやるべきです。

ルールがないと、最終的には破滅してしまいます。

やるなら、長期投資がおすすめです。長期目的ならチャートを見たりする時間も分析する時間もかかりませんし、精神的負担も少ないです。

 

> 2017年、仮想通貨投資にチャレンジしようと思います。

※市場規模が小さいうちに始めることが重要です。

 

ストックビジネスはやるべきだけど・・・

 

そうは言っても、種銭がない人が投資は出来ませんし、アフィリエイトで稼げるようになるまでには時間がかかります。ですから、日雇いアルバイトをして日給8000円を稼いでもいいのです。

本当にやるべきことを見失わなければアルバイトで稼ぐことはお金を増やす最適な方法ではあります。

ただ、アルバイトに全力を注ぎすぎて病気にでもなったら本末転倒です。そのへんは賢く判断するべきですね。