生命保険や株式投資、

昔は対面販売が主流だったので人件費を上乗せした価格が設定されていた。

現在はネットだけで完結してしまう。そこに人件費がかからないので、手数料が格安でサービスが受けられる。

たとえば、

株式投資の1銘柄を購入するだけでも、昔ならば電話して人間あいてに注文を入れていたそうだ、現在もそうしている高齢の人がいるようだが、それだと1000円以上も手数料を取られてしまうらしい、しかも成り行き注文だった気がする。

ネットだけで完結すれば数百円だけの手数料で済む。圧倒的にコストダウンが図れるわけだ。

 

普通に生きていれば、手数料ばかり取られ、財布からどんどんお金が落ちていく。

生命保険も高いコストを払って保険のおばちゃんから契約している場合ではない。

生命保険なんて30代で1000万円かけても2000円を下回る。

それが第一生命や日本生命などの大手生保を利用すると特約だがなんだかいろいろ付けさせられて2000円以下ではとうていすまされない。

商売だから保険セールスおばちゃんも手数料が儲かる商品を勧めてくるわけだし、何も考えずにハイハイ返事して契約している場合ではない。将来にわたり何十万と余計な手数料を払ってしまうことになりかねない。

 

他にも、

生命保険のおばちゃんから逃げる
銀行窓口から逃げる
知人からの儲け話から逃げる
親・親戚のお金の常識についての洗脳から逃げる
証券会社からの電話から逃げる

 

銀行だって、あなたの財布から手数料を奪い去ろうと必死になって営業してくるだろう。

我々は賢くならないといけない、金融リテラシーを少しでも上げていく努力をしよう。