私は、20代後半のある日、熱が出たときのようにだるくなり、鼻水が止まらなくなりました。「風邪の前兆だ、これは熱があるな」といざ体温計を測ると、予想に反して平熱だった記憶があります。その後も熱は出ず平熱のまま、何だこのだるさは・・・

結局、風邪のような症状が花粉症の始まりだったんですね。

 

「花粉症は、人間の体の中に花粉を貯めれるバケツがあって、長年吸い続けた花粉がバケツからあふれると花粉が発症するもの」と聞いたことがあって、その説をずっと信じていましたから、当時は、もう治らない!花粉症と一生付き合わないといけない!と開き直っていました。

しかし、今では治ってしまったので、その説は間違っていたことになります。

 

私がやったことは、花粉症を治そうと思って始めたことではありません。ただの体質改善です。

体質改善をすることで、花粉症だけでなく、もともと弱かった胃腸の調子もよくなってきました。

 

 

体質改善の方法は?

花粉症について、ネットや書籍で調べていると「アレルギーの一種」だということが分かりました。

そして、花粉そのものが悪いのではなくて、花粉に対してアレルギー反応している体質が悪いことも知りました。

 

アレルギー体質になるということは、人間本来の免疫力が低下していたり、バランスが崩れている状態になっているので、元に戻してあげればいいのです。

そのためには、人間らしい生き方をすれば良いという結論になりました。

 

人間らしい生き方とは、

必要な食事をとり、必要な運動をし、必要な睡眠をとることです。

言い換えれば、正しい食事、正しい運動、正しい睡眠です。

さらに言い換えれば、自然な食事、自然な運動、自然な睡眠です。

 

不自然な食事を取り続けていると、肝臓が解毒しきれなくて血が汚れます。汚れた血が全身をめぐることで細胞たちの元気がなくなります。細胞が元気を無くすと、力も出ないし病気になりがちです。

 

主な不自然な食事(食べ物)

・ハンバーガーやお菓子などのジャンクフード

・加工食品

・牛乳

・マーガリン

・化学調味料

 

日本には不自然な食べ物が多いです。不自然な食べ物とはいえ国が認めているので安心だと思われがちですが、人間の体にとっては決して安全とは言い切れないものです。とくに牛乳についてはネット上でも賛否両論が繰り広げられています。

私の場合は牛乳をやめて、あきらかに体質が変わりました。

 

私がミクシィで花粉症が治った方法について公開したところ以下のようなコメントを頂きました。

 

過去日記へのコメント、失礼します。
幼稚園の頃から20代後半頃まで、牛乳は体に良いと信じて飲んでいました。
けれど、姉から母乳は血液と教えて貰って、じゃあ牛乳も牛の血を飲んでるようなものなのかと想像したら、氣持ち悪くなってしまい飲むのを辞めました。
幼稚園と小学校は給食でしたから、平日はほぼずっと飲んでいた訳ですね。
それで、小学校に入った頃から花粉症を患いました。
けれど、辞めてから1~2年経った頃でしょうか、嘘のように花粉症が出なくなりました。
どう考えても牛乳しか無いと思い、ようやくそこで真実を知りました。
印象操作って怖いなと思った出来事です。

 

 

不自然な運動とは?

 

代表的な不自然は歩かないこと。

人間は歩くことで血のめぐりを良くしたり、リンパの流れをよくして体を浄化してくれます。体を浄化する方法は歩く以外にもありますが、歩くことが一番楽です。とくに階段がオススメ。エスカレーターやエレベーターなど使わないで、階段を利用するだけでも、スポーツジムなんか通わなくても立派な運動になります。

理想は早歩きがオススメです。走るのは活性酸素が急激に増えるので逆効果です。

 

 

不自然な睡眠とは?

人間が睡眠を必要とする理由は、脳を休めること、内臓を休めることなどがありますが、もっと大切な役割は、「修復」です。

人間は、痛めつけられた体を睡眠中に一生懸命修復してくれるのです。

寝ることで、重力からも解放されます。

解放されて、修復もしてくれる睡眠は最高です。

 

ただし、修復してくれるのは夜の10時から朝の4時くらいの間がピークなので、この時間帯に寝ないと効果が薄れてしまいます。

いつも夜更かしばかりしていると大切な修復がされないことになります。

もしも修復をされないと、内蔵が弱ったり、肌荒れになったりします。内蔵が弱ると、結果的に免疫力が低下し体のバランスが悪くなります。

 

不自然をやめて、自然なことをしていれば、体質改善はされるものです。

 

こんな意見も頂きました

はい、ダウト
花粉症はアレルギーですので、一度かかったらそのような方法では改善しません。
1年以上花粉症のない環境で過ごすことで改善できますけどね。

アレルギーってわかってますか?
体が異物と認識したものを、肉体改善で治ったら、そりゃ、あなたの体はエラー起こしてますがな(笑)

 

どうも私の体はエラーを起こしてしまったようです。こういったコメントをいただくほどアレルギーは治らないって思っている人多そうです。

治らないって思い込んでいるのも、アレルギーが減らない要因の1つですから、否定的な意見を聞いて諦めてしまう人がいないとよいのですが・・・

 

 

花粉症の薬を飲むとつらい鼻水の症状が消えるようですが、薬は石油から出来ていて花粉症の原因を退治してくれるものではないので不自然です。

私は花粉症の薬とやらを飲んだことがありません・・・。
あまりにも花粉症が辛い人が、やむを得ず薬を飲むことは仕方がないことかもしれませんが、最低限体質改善を行いつつ薬を併用するべきですね。

薬を飲んで症状が和らいでも、原因が、食事かもしれないし、運動、睡眠かもしれないのですから、その点は自覚しないといけないでしょう。

 

薬に頼ることのデメリットは大きいものです。
最近では、花粉症の薬を気軽に飲み続けることで、湿疹や蕁麻疹が発生する人も増えているようです。

薬ですから、必ず副作用があります。

薬でアレルギーを抑えるという対症療法を選択した場合は 、その代償として別のところに症状が出ると思っておいたほうが良いでしょう。薬を利用したら副作用は覚悟することです。副作用のない薬はありませんからね。

 
私は、20代の健康を意識していなかった時代に、最初の1年間は本当につらい花粉症になりました。

鼻水はダラダラで目の白い部分がブヨブヨするほどつらかったのを覚えています

しかし
薬は1度も飲んでいないのに、
その後は
つらい花粉症にはなっていません

1年目との違いは
体質改善を心がけていたかどうかだけです

体を温め
深呼吸をして
食べ過ぎに注意して
化学調味料を控えて
外食を控えて
牛乳をやめて
楽しい生活をしていれば

自然と花粉症とは疎遠になります。

本当は花粉は有害ではなくて、体に良いものなのです。

花粉でさえアレルギー反応を起こさせてしまうのは、あなたの免疫機能が異常になっているからです 。

その異常にさせる原因が人間らしく生きていない生活習慣なんですね。

今の日本人は とにかく体に悪いことばっかりやっています、みごととしか言いようがありません。

少しばかり健康の知識を得ることができれば、あとは行動するだけで3ヵ月後の体質は劇的に変わるものです。

花粉症の人は、花粉のせいにしていないで下さい!自分の異常な免疫機能の回復を図りましょう

薬で鼻水を強制的にとめて喜んでいる場合ではないですよ、体質改善しないと、数年後に、違う病気になってしまうでしょう