日本人の2分の1がスマホを持っている時代です。2分の1と言えば、日本人の2分の1がガンで死ぬ時代です(正確にはがん治療で亡くなるケースも多い)

スマホの保有率はどんどん増加していくでしょうから、子供にスマホを持たせるか?持たせないべきかという議論はいずれ古い考えとなり、

子供たちがスマホをどのように活用してくかが重要になってくると思います。

 

今の時代、スマホがあればお金を稼ぐことが簡単になってきています。昔では考えられません。

小学生でもブログを書いてお小遣い手にしたり、メルカリやヤフオクで私物を売って利益を出したり、youtubeで情報発信して広告収入を得たり、いろんなことがスマホで出来ます。

親からのお小遣いが毎月1000円の小学生が、自分では10万円稼ぐ!なんてことも普通にありえることになるでしょう。

 

親からもらったお小遣いの範囲内でしか経済活動が出来ないとなると、どうしても制限がかかってしまいます。少ない小遣いでは欲しいものも買えません。

だったら、はやいとこ自分で稼いでしまえば、自由に使えるのではないでしょうか?

 

こんなことを言うと、子供が大金を稼いだらダメだとか、お金の使い方を知らないからダメだとか言い出す大人も出てくるでしょう。

ただ、そんなことを言っている大人が、果たしてお金についてどれだけ熟知しているかといえば疑問に思います。

少なくとも億万長者になっていないのならば、子供にお金の教育など出来るわけがありません。

 

ちなみに、私は自分の子供に対して、お金の勉強はしっかりとさせます。

今は、自分自身の力でお金を稼ぎやすくなった時代です。会社からの給料だけに依存することなく、無限の可能性を子供たちには期待しています。

「パパ!今日も1万円の入金があったよ!」なんてセリフを小学生くらいで言われると、私としてはすごくうれしいことなのです。