人間は本来、幸せに生きる為に生まれてきたと言われています。

決して、不幸せになるために生きているわけではないのです。このことを忘れてしまうとその後の人生が真っ暗になります。

 

なぜならば、

幸せではない、これからも幸せになれるわけがない、自分は不幸せなんだ!と思い続けることで、貧乏波動が出てしまうからです。

貧乏波動を出してしまうと、同じく貧乏波動を持ち合わせた人間が集まってきて、ますます貧乏になってしまいます。

※貧乏とはお金が無いことだけでなく、心の余裕(貯蓄)が無いという意味もあります。

 

嫌いな奴からは逃げろ!

嫌いな奴と付き合っても、得るものはありません。

パワーだけ吸い取られて終わりです。嫌いな人と多く付き合うと、どうしても幸せの方向には進みづらくなってしまいます。

 

今現在、幸せを感じていない人は、家族や友人、職場の人間関係で悩んでいる人が多いかと思います

 

友達ならば会わなければいいし、家族と言えども強制的に同じ家に暮らす義務もありません、しかし職場の人間関係となると話は違います。

 

お給料を貰って生活している人がほとんどだと思うので、気軽に会社をやめることが出来ないのです。

嫌いな奴から逃げたいけれどお給料がないと生活ができない・・・あぁ、もう自分はだめだ!と思い悩んでしまい、うつ病になってしまう人って多いのですよ。

 

勤務先で嫌な奴がいる場合は、自分の生活もありますので簡単に逃げることは出来ません。

 

その場合は、

嫌な奴からは逃げろ!ではなくて、「嫌な奴からは逃げても良い!」と思うことで気が楽になるのです。

 

常に、2つ以上の選択肢を自分に与えることで気が楽になります。

 

「逃げなければいけない!けど逃げられない」 ⇒ 義務感を感じてしまう

「逃げても良い!もちろん逃げなくても良い」 ⇒ 選択肢があるので少し気が楽になる

 

会社に嫌な奴がいるのに、逃げることが出来ない自分を責める必要はありません。

バイオリニストの高嶋ちさ子さんのように、相手のことを「来世はハエ」と思うようにするだけでも楽になるかと思います。

 

嫌いな人が自分の周りからいなくなることで、身も心も健康になっていきます。人間なんて単純なものなのですよ。難しく考えないで下さいね。