基本料金が0円のブラステルカードがすごい!

 

 

今まで、会社とプライベートの電話番号を一緒にしていたので、迷惑電話が来たり、インターネット上で広告を出す場合などに電話番号を公開しないといけない時があるため、いつかは番号を持ちたいなと思っていました。

ただ、会社の電話はかけたり受けたりすることは滅多にないので、基本料金が発生するのはバカらしいなと思っていました。

そんな時に、偶然見つけたのが、基本料が無料で050番号を持てる「ブラステル」という会社が行っているサービスでした。

 

ブラステルカードの入手方法!コンビニには置いていない?

 

050番号を無料で取得するには、ブラステルカードが必要になります。私の場合、近所のセブンイレブンやファミリーマート、ミニストップなどに足を運んでみましたが、店員さんに聞いてみても「ブラステルカードって何ですかね?」と言われるほど・・・どこも在庫は無しでした。

すべてがコンビニでは見つけるのが大変だったので、ブラステルの ホームページから問い合わせ をしたら1週間くらいで郵送してくれました。

問い合わせ内容は、住所氏名と、「ブラステルカードを下さい」と一言添えればOKです。

 

 

※ブラステルカードが届いたら、30日以内にインストールしましょう。

 

ブラステルカードにはカードナンバーやアクセスコードなどが記入されています。これらの番号を利用して、スマホやタブレットで設定をしていきます。

※要注意!ブラステルカードが届いてから30日以内にアプリの設定をしないと、050番号の取得ができなくなります。

 

スマホ、タブレットの場合

 

「050free 」と言うアプリをインストールします。

 

MY ACOUNT > 050番号 の順にクリックすると、アクセスコードを入力してくださいといわれるので、

ユーザーIDとPIN番号欄に別けて入力していきます。

 

ブラステルカードに記載されているアクセスコードを見ながら入力すればOKです。

 

入力した番号に間違いがなければ、即時に050番号が発行されます。

 

※ブラステルカードが届いてから30日以内にアプリの設定をしないと、050番号の取得が出来なくなりますので急いで設定しましょう。

 

 

格安データー(SMS無し)simでも使えます

 

私は通話用のケータイとラインやネット利用のためのスマホの2台持ちをしています。

今回は、データ-専用シムを入れているスマホに050番号を持つことができました。

050番号を取得したとしても今すぐ利用することはありませんが、基本料金0円でもてたことに価値がありますね。

 

> ブラステルカードに有効期限が設けられました。

 

転送サービスを利用したくてブラステルカードに入金してみた。

 

今回取得した050番号にかかってきた場合、スマホが省エネモードになっていたりするとプッシュ通知されずに着信に気が付かないことがありました。

あとで気が付いたら着信履歴が残っていて「かかってきたこと」を知ることになります。

ブラステルには、転送機能があるので、050番号にかかってきた電話をケータイに転送すれば解決だと思いました。

しかし、転送サービスを利用するには、「入金」が必要でした。

なぜかというと、050番号から自分の転送先までの通話料は自己負担だからです。

ですので、ブラステルのホームページから入金をしてみました。

 

ちなみに、私は500円分をデビットカードで入金できました。(2017年2月現在)

 

ブラステルカードの転送サービスは便利?

 

・050番号を設定したスマホの電波が悪い場合は、すぐにケータイに転送されるようになる

・電波が良いときは、転送するまでの秒数の設定ができる。(0秒、10秒、11秒・・・・)

ケータイに転送されても、スマホのアプリにも着信履歴が残る

 

転送されてしまった場合、スマホのほうに着信履歴が不便です。なぜかと言うと、転送先のケータイには自分の050番号が通知されるからです。つまりケータイで電話を受ける場合は誰がかけてきたのか分からない状態です。営業の電話かもしれないのに転送にかかる通話料は自己負担なので、嫌ですよね。

その点、ブラステルの場合は、スマホアプリ(050fre)に着信履歴が残るので、折り返す必要がある電話だけ折り返すことができます。そのほうが転送料金よりも通話料が安いですね。

 

ブラステルカードの050番号で電話をかけたときの通話料は?

050番号で電話を発信した場合、以下の通話料がかかります。

30秒ごとに5.5円

 

ですので、例えば
30秒だと5.5円
31秒だと11円
60秒(1分)で11円
61秒で16.5円
が発生します。

30秒単位で料金が加算されるのは、ドコモなどの3大キャリアと同じ仕組みですね。

 

ブラステルカードの050番号ではなく、あなたの携帯番号を通知して発信することもできる。

 

ブラステルカードに入金(チャージ)されていると、取得した050番号だけでなく、携帯や固定番号からも格安で電話をかけることができます。

私の場合は、050freeアプリが入っているスマホはデーター専用simなので携帯番号はありませんが、もう1台のケータイ番号をブラステルに登録することで、格安に電話ができます。

ちなみに、スマホに通話simがささっている場合は、050freeアプリから携帯番号発信で格安電話することができます。

 

ブラステルカードを利用して携帯番号で発信するときの通話料

 

自分の携帯番号で発信する場合は、相手の電話番号を打つ前にブラステルが指定している特定の番号を入力することが必要です。それによってキャリアからブラステルの通話料金システムに変更になります。

6秒ごとに2円

こんなすぐに切ることはないでしょうが、050発信のときと違って短い単位で課金がされることはメリットが高いかと思います。

たとえば、050発信の場合、最初の30秒までは5.5円ですが、31秒から60秒の間は11円になります。つまり31秒でも60秒でも一番高い11円で課金されます。

一方、携帯発信の場合は30秒の場合は10円、31秒の場合は12円となり、050番号と違って一気に5.5円も上がることはありません。

 

ブラステルカードを利用して携帯番号で発信するときのメリット

 

携帯電話発信の場合、通常の電話回線を利用するので、つながり具合も音質も今までと何ら代わりがありません。

ただ、050番号での発信や着信は、LTEや自宅のワイファイなどのデータ-通信を利用します。ですので電波の受信状態によっては音が途切れたり、着信ができないなどのトラブルがあるようです。また050番号で発信することによって、相手が電話に出てくれないケースも想定されます。

 

そこで、

・大事な話がある場合などはケータイ番号で発信する。

・相手が友達や家族でもまだ050番号を知らない人には、とりあえずケータイ番号で発信する

などの利用方法が考えられますね。

 

ブラステルカードが通話料金の改定を行います。

 

2017年12月15日から、

050番号から 携帯電話宛に発信する際の通話料 が改定されます。

 

今までは、30秒 5.5円(税抜き)

今後は、1分14.58円(税込み)になります

 

 

1分当たり2.7円、10分で27円の値上げになります。それでも安いですけどね。

 

ブラステルという会社の設立は1996年12月2日で信頼はバッチリ

 

050番号が基本料金0円で持てるとはいえ、あやしい会社では信頼ができませんね。その点、ブラステルの場合は、何十年も存続している会社なのでそれだけ実績があると言えそうです。

オリンピックに向けて、外国の人も増えてきます。今後もブラステルの需要は増えてくるでしょう。

 

> ケータイやPHSからの発信のやり方!はコチラを御覧ください