我が家の赤ちゃんは、赤ちゃん用のバスタブで入浴しています。

最近、赤ちゃんがバスタブ内ですべって、顔の半分まで浸かってしまったことがありました。大泣きされて抱きつかれたのでその日は入浴をやめて体だけ洗って出ました。

 

翌日、翌々日も2日連続、バスタブには入ってくれませんでした。

転覆が怖かったのか?赤ちゃんの記憶はすごいですね。

 

ってことで、3日目は、バスタブをお風呂場に入れないで、お風呂で遊んでみようと思います。

 

お風呂場に行く ⇒ バスタブがある ⇒ おぼれたことを思い出す

 

赤ちゃんはこのようなイメージを持っていると思うので、

 

お風呂場に行く ⇒ 遊べる場所だと認識する ⇒ ついでに体を洗う

 

こんなイメージを持ってもらえるようにチャレンジします。

 

これで泣かなかったら、完全にバスタブのせいで泣いていることになります。

 

 

 

3日目、泣きました。

仮説を試してみましたが、失敗しました。

バスタブをお風呂場に入れないで、バスマットの上で遊ばせようとしましたが、海老反りして泣かれてしまいました。

お風呂が嫌になってしまったのか・・・パパの力量不足なのか。

 

4日目、妻がおもちゃを作ってくれました

我が子は新しいもの好きなので、お風呂場に何か置いておこうと妻がひらめきました。

 

妻の手づくりおもちゃ。

空のガチャガチャの中に銀紙を丸めただけのものですが、

 

お風呂場に、これを置いておいてから、我が子をお風呂場に連れて行きました。

そしたら、みごとご機嫌になりました。

5日目も念のためバスタブはやめておいて、バスマットの上でこのおもちゃで遊ばせていたら、素直に体を洗わせてくれました。

 

妻のひらめきに感謝!