・もしも副業で毎月5万円を稼げたとしたら、どういう生活が待っているのでしょうか?

副業と言っても、サラリーマンをやりながらアルバイトを掛け持ちするような自分の肉体と時間を切り売りしてしまう形態ではなく、インターネット上にブログ(ウェブ資産)を残して、ブログに稼いでもらうことを目指すのがオススメです。つまり、ほぼ不労所得を生み出すことで寝ていてもお金が入ってくる仕組みを構築することが理想になります。

たとえば、あなたがブログを始めて、毎月安定して5万円を稼げるようになれば、

1年間で60万円

10年間で600万円

20年間で1200万円

30年間で1800万円


 

長期的に副業を続けるほど、稼げる金額は大きくなります。

30代で始めたとしても60代になって定年を迎える頃には副業だけで1800万円の余裕資金を持つことができます。

副業を続けるほどお金が溜まっていきますので、ちょっとリッチな生活をすることもできるようになりますね。

全額を貯金しなければ、毎年旅行に行ったり、おいしいものを食べたり、投資を始めたり、違う副業を始めたり、趣味にお金を使うことなど、余裕資金ができれば好きなことにお金を使うことができます。

お金なんて必要ないと思っている人もいるかもしれませんが、お金がなくても楽しいこともあれば、お金があったほうが楽しいこともあります。ですから、お金に余裕があることを否定することはできないと思います。

お金に余裕ができれば、宝くじを買う必要もないですし、会社をやめても何とか生きていけます。お金はとっても大事で便利なものなのです。

 

サラリーマンやパートをしている主婦さんの場合は、副業の他に、本業で稼いだ給料から貯金もしておけばさらに余裕資金は多くなりますね。

主婦さんの場合は、副業で稼げるようになったらパートに出る時間を減らして、副業の時間を多くとることで時間的拘束から解放されます。

家事や育児で大変なのでパートの時間を削れることは相当なメリットが生まれます。女子会で払うランチ代も気軽に支払うことができますね。

 

サラリーマンの人は、副業での収入があることで、腹が立つ上司にイライラすることが減るかもしれません、突然のボーナスカットにも「会社も厳しいだ、仕方がないね」と思えるかもしれません、お金に余裕があることで、会社に対して優しく見守れるようになれば、もしかしたら仕事が上手くいくようになり出世したり給料が増えるかもしれませんね。

 

本業で毎月5万円稼ぐのと、副業5万円稼ぐのでは意味合いが全く違う?

サラリーマンやパートをしている人は、出勤さえすればお給料が必ずもらえるというメリットがあります。一方、副業は時給ではないので何時間作業をしても全くお金にならないことがあります。とくに、副業を始めたばかりの頃は、ただ働き同然です。

そんな時期に、同じ副業を行っている仲間でもいれば励ましあって頑張れるのでしょうけど、始めたばかりの頃って気の合う仲間なんて簡単に見つかるものではありません。ネット上では怪しい話を持ちかけてくる人たちがたくさんいますので注意が必要です。

最初は安定こそはないものの、1度稼げるようになると肌感覚で、稼げるという実感を得ることができます。これは実際に報酬を得た人しか分からない成功体験です。

 

副業と言っても何をやれば良いのか?

私がオススメする副業は、ブログ(サイト)運営です。

インターネット上に「あなた発信の情報」を提供することで、世の中の人たちに価値を与えます。

多くの人に役に立つブログを運営することで、当然のことながら報酬を得ることができるようになるのです。

 

>>詳しくはコチラの記事に書こうと思います。

 

現金を溜め込んでいても、将来的に日本がハイパーインフレになって物価が上がり、現金の価値が無くなるリスクはありますが、定年後に全くお金がないよりかはマシでしょう。

 

会社をやめたくて仕方がないサラリーマンの人は副業で稼いでお金に余裕を持てるようになってから、本当に会社が嫌なのか?もう1度考え直してみるのも良いのかもしれません。会社がいやなのではなくて、お金がない自分がいやなだけなのかもしれないのですから・・・・