肝臓と目は直結しています。肝臓が疲れていると血液をきれいに浄化できず、新鮮な酸素を目に送ることができなくなります。

目薬をしても一時的にクリアになりますが、しばらくすると再び疲れ目になってしまうのは原因を退治していないからです。

その原因の1つが肝臓の疲れなのです。

 

肝臓の疲れを取るためには?

 

飲み過ぎ、食べ過ぎが肝臓を疲労させることはご存知の人が多いと思いますが、

ストレスなどによる緊張状態が続くことにより、肝臓などの内蔵が硬化してしまうことも忘れてはなりません。

お腹のマッサージを行ったり、湯船に使って温めることも効果的です。

 

内蔵の疲れを解消するためにはトランポリンを行う

 

ジャンプをすることで内蔵が動きます。筋肉も動き、血流も良くなります。リンパの流れも良くなりますので良いことづくめなのですが、

 

硬い床の上でジャンプすると膝をいためる危険性があるので、トランポリンを活用するのが良いです。

 

トランポリンの上でピョンピョン飛び跳ねることで、目の疲れの原因の1つである肝臓のケアをすることができますし、全身に酸素が運ばれて目がクリアになってきます。

 

肝臓が元気になれば、目に運ばれる酸素も増え、栄養も届けることができるので視界もはっきりしてきますし何よりも視力アップしたまま持続します。

 

仕事などで目の疲れがある人は、パソコンが原因かもしれませんが、もしかしたらパソコンではなくてストレスを抱えて肝臓が硬直してしまっているのかもしれません。

 

疲れ目と肝臓の疲れは深い関係があるのです。