INDEED(インディード)という求人情報サイトに、日当29000円のバイトが掲載されていることがあります。いったいどうやったらこのような日当を手にすることができるのでしょうか?

 

おおまかな仕事内容を見てみますと、建築現場に「建築資材」を届ける仕事のようですが、日当の高さから、さぞかし相当な力が必要となる現場であることが想像されます。

 

単純計算ですが、日当2万9000円で25日働くとなると、約72万円の月収になりますから、お金に困っている人にはとても魅力的な金額ですよね

 

日当29000円は難しい?

 

どうして29000円が難しいかと言いますと、通常は1現場だけしか任せてもらないそうなのです。1現場で12000円の日当なので1現場が終わったらその日は終了です。

現場が近所で2つ以上あれば良いのですが、任される現場はだいたい遠い現場になるので、往復の移動時間だけで3~4時間もかかってしまうケースが多いようです。

近くに現場がたくさんあれば2現場、3現場と出来そうなものですが現実的には、そのようなケースは滅多にないとのことです。

 

仮に、1現場が終わった後にもう1現場追加で働くと日当24000円になるそうです。さらに現場が遠かったり、極端な残業があったりして手当が5000円ほど追加で支給されて合計で29000円になります。

ただ、そのようなパターンは朝早く帰宅は深夜になってしまい、翌日の仕事に支障が出るため、体力的にもたないのでしょう。

 

1現場が午前中だけで終わっても日当制なので12000円もらえるのは魅力的だと思いますが、29000円手にすることは困難だと思っていたほうが良いでしょう。

 

介護職は高額報酬?

 

2万9000円には及ばないですが2万7000円というバイトもありました。

それは、介護施設でのお年寄り見守りの仕事です。

おむつを換えたり、食事の手伝いをしたり、入浴のお世話をするのだそうです。

 

ただ、勤務時間は夜勤がメインとなります。

夕方15時くらいから翌日の朝10時位まで働きます。

拘束時間は19時間になります。時給換算で約1500円となりますが、

勤務時間が長いので、毎日働くことは不可能ですよね。

 

高額な報酬のある仕事は裏がある

 

いっけん日当が高かったりする仕事でも、拘束時間が長いだけで時給換算すると1500円くらいになってしまったり、移動時間がやたら長く、重労働なため毎日働くことが困難な仕事が多いと考えて良さそうです。